ベトナム
グルメ
日本人駐在員が愛用する一軒

素材の味が活きた繊細な料理が定評!ハノイのベトナム料理店「Cay Cau」

著者撮影

ハノイで長年、日本人駐在員に愛用されてきたベトナム料理店「Cay Cau(カイカウ)」。本国から重役が来る時などの接待はココ、と言った使われ方がされる為、価格帯は上に属する。

本文を読む


 
著者撮影

そのようなお店なんて、日本人向けにアレンジされているのでは?と思われるかもしれないが、頂いた感想としては然に非ず。本格的な味わいを宿しつつ、調理技術は繊細で素材のクオリティは高い。ここでしか頂けないベトナム料理が、確かにある。

 
フカヒレとアワビのスープ   250,000VND(約1,250円)
著者撮影

塩の加減が良く、鮑とフカヒレが活かされている。鮑の火入れ、フカヒレの戻し加減ともに良い。

 
カリカリ揚げソフトシェルクラブ   110,000VND(約550円)
著者撮影

サクサクに揚げており、身はジューシィ。「カリカリ」と言いつつ、そこまで火入れが強くないので、ソフトシェルクラブの身の旨味、味噌の旨味を最大限楽しめる。

 
レモンの葉のグリル鳩  150,000VND(約750円)
著者撮影

レモングラスに加えて八角も用いて焼いている模様。あしらわれているのはカフィア・ライムの葉。ベトナム式の鳩料理、ジビエとして完成度が高く、オススメ。

 
生姜醤油や大豆と赤蒸し魚   450,000VND(約2,250円)
著者撮影

恐らくハタかと思われる魚は脂がたっぷりで、旨味に舌が悦ぶ。魚のクオリティも高く、新鮮。ハーブたっぷりなところがベトナムらしく、発酵させた大豆を用いている点も個性的。鳩に並んでヒット料理だった。

 
著者撮影

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

yuyaのその他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます