ベトナム
グルメ
アットホームなレストランで食す

シンプルな味わいが魅力!ダナンで食べる「ベトナム式 釜飯」

著者撮影

知らなければまず100%訪問出来ない、知る人ぞ知るレストラン「Com Tay Cam Cung Dinh」。ベトナムでも割と珍しい「ベトナム式の釜飯」を頂けるお店だ。

本文を読む


 
路地を曲がり、少々長いアプローチの先にある民家風のお店なので、現地の人でも知らなければ到達不可能。旅行者サイトを見たところ、タクシーで行くと辿り着けない確率が高い、との事だったので、僕はGoogle先生に頼って行った。便利な世の中になったものだ。

著者撮影

著者撮影

お店は上記の通り穴場な立地にあるのだが、お店の雰囲気も実に家庭的。開放的な中庭ではこども達が遊んでおり、奥のキッチンでは家族の方が食事をされております。お店に辿り着くまでは不安を抱かれる方もいるかもしれないが、非常に温かみのある雰囲気なので、ご安心を。席に着いてすぐに扇風機を回して頂けるなど、ホスピタリティも感じられる。

 

Combination rice “Vietnamese Style” with shrimp in claypot 
45,000VND(約900円)

著者撮影

著者撮影

待望の「釜飯」は見た目からしてローカル感満載で嬉しくなる。蓋を開けると、非常にシンプル。味わいも実に優しく、卵の甘みに豚肉の旨味が絡み、素朴なのに美味しい。

豚肉は皮付きなので旨味が強く、紫玉葱の風味がご飯に沁み込んでおり、じんわりとした味の広がりを感じられる。薄味、薄塩で何処となく和食に通じるところがある、個性的な郷土料理だ。ブラックペッパーも使用しているが、これもまた抑制が利いている。

著者撮影

お店のメニューを見ると、釜飯以外にもメニューが非常に多く、しかも他ではあまり見ない料理も少なくない。僕は一人であったため、複数の料理を頂く事が出来なかったが、本来であれば複数人で訪問した方が楽しめるお店だと思う。

釜飯自体は上記の通りシンプルな味わいなので、強い味付けの炒め物と合わせると更に魅力が増すだろう。

著者撮影

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

yuyaのその他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます