ベトナム
グルメ
好みの一軒を探索!

ベトナム・フエ名物のしじみ汁ご飯「コムヘン」を食べ歩き!

著者撮影

Ba Hoaを訪問した後、「コムヘン」を食べ比べしようと伺った店「Quan Nho」

本文を読む


 
Quan Nhoは某ガイドブックにも掲載されており、旅行者には割と知名度が高い模様。しかし、お店を訪れてみるとお客さんの全てがベトナム人。これは観光客向けにアレンジしていない証左なので、嬉しい光景だった。

著者撮影

「コムヘン」の説明についてはBa Hoaの記事を参考にして頂くとして、早速Quan Nhoの味について紹介したいと思う。

 

コムヘン   10,000VND (約50円)

著者撮影

こちらのコムヘンはBa Hoaとは異なり、スープが掛けられての提供となる。どうやら、こっちのスタイルの方が一般的で、「お茶漬け」的に食べる料理のようだ。

Quan Nhoのスープ(出汁)もまたシジミの旨味が濃厚。Ba Hoaとの違いは、塩気を利かせているところ。ご飯と合わせるために塩分濃度を上げているのだろう。

具は豊富で、コリアンダー(パクチー)、少量のライム、レタス、ウリなど。ナッツと揚げた豚皮が香ばしい。

著者撮影

こちらは辛味調味料に加えてマムトムも供され、これを入れると味わいが加速する。濃厚なスープに濃厚な味付け、発酵のコクを加える事で、パンチのあるコムヘンへと変化。

 
著者撮影

Ba Hoaがさっぱり味であるのに対して、こちらはパワフルな味わい。テイストがハッキリと分かれたところは収穫だった。

もちろん、フエには他にもコムヘンのお店がある。探索し、食べ比べをすると自分好みのお店が見つかるだろう。一杯が軽めなところも朝食として頂き易い。

著者撮影

 
こちらも合わせてCheck!
古都フエの定番朝ご飯!シジミご飯「コムヘン」

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

yuyaのその他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム