ベトナム
カルチャー
自宅で手軽にベトナムの味を!

使い方もあわせて紹介!ベトナム土産で人気の調味料3選


著者撮影 左からエビ風味のラー油、ライム塩胡椒、大豆醤油

刺繍入りのポーチやバッグ、プラカゴ、バッチャン焼の陶器、フォーのインスタント麺、ベトナムビール、Tシャツ・・・と多数あるベトナム土産の中でも、料理が好きな方にオススメなのが調味料。ベトナムのスーパーやコンビニで手軽に買うことができます。

しかし、現地で調味料を買ったものの、帰国後に「どうやって使えばいいんだろう?」と感じる方は少なくないはず。そこで今回は、ベトナム土産で人気の調味料3つを使い方とともにご紹介!お土産に調味料を買いたい方、またはもらった方の参考になればうれしいです。ぜひ自宅でベトナムの味を楽しんでみてくださいね。

本文を読む


 

1.サテ・トム(エビ風味のラー油)


著者撮影

コストコなど日本での取り扱いも増えてきた、ベトナムのエビ風味のラー油“サテ・トム(Sate Tom)”。現地では、麺食堂の卓上に置かれていたりします。中にはレモングラスの風味がするものも。一番簡単なサテ・トムの使い方は、インスタントラーメンに少し垂らすこと!旨味がアップして、一気にベトナムの味になりますよ。


著者撮影

筆者のオススメの食べ方は、フライパンで軽く炙った揚げ豆腐に少し垂らして食べる方法。ベトナム家庭料理の中に、揚げ豆腐の上にカリカリに揚げたレモングラスと唐辛子をのせた日本人好みの美味しい料理があるのですが、それに近い味の料理が再現できます。


著者撮影

たたききゅうりにサテ・トムを加えると、ビールが進むおつまみに変身!作り方はとても簡単で、サテ・トムと醤油とごま油を1:1:1の割合で混ぜてきゅうりと和えるだけです。辛い味が苦手な方は、サテ・トムの量を少なめにしてくださいね。その他、炒めものや炒飯に加えても美味しいです!

 

2.ムォイ・ティエウ・チャン(ライム塩胡椒)


著者撮影

ベトナムの調味料系のお土産として、おそらく人気No.1であろうと思われるのがライム風味の塩胡椒“ムォイ・ティエウ・チャン(Muoi Tieu Chanh)”。ベトナムでは、ライムを搾って塩胡椒と合わせ、焼いた肉や魚介類のタレとして使います。ライムを粉末化させたムォイ・ティエウ・チャンは、塩胡椒にライムの風味が加わり、とても爽やかです。


著者撮影

筆者が考える、ライム塩胡椒のベストな使い方は“シンプルに蒸したり焼いたりした素材そのものに付けて食べること”。特に貝や海老などの魚介類はおすすめです!


著者撮影

ライム塩胡椒があれば、イタリアンドレッシングも簡単にできます!オリーブオイルと酢を1:1の割合で混ぜ、そこにライム塩胡椒を適量加えます。2~3人前ならオリーブオイルと酢は大さじ2ずつがちょうどよい量かと思います。ぜひ試してみてくださいね。

 

3.ヌック・トゥーン(大豆醤油)


著者撮影

ベトナムの大豆醤油“ヌック・トゥーン(Nuoc Tuong)”は、日本の醤油のようにしょっぱくなく、まろやかな味なのが特徴です。南部のホーチミンでは“ヌック・トゥーン”、北部のハノイでは“シーザウ(Xi Dau)”と呼び方が異なります。一番簡単なヌック・トゥーンの使い方は、にんにくや唐辛子のみじん切りを加えて、ゆで野菜の付けダレとして使うこと!


著者撮影

筆者のオススメの食べ方は、フランスパンにスクランブルエッグ(または目玉焼き)をはさみ、ヌック・トゥーンを少量ふりかけて食べる方法!パテやなますがなくても、バインミーのような味を再現できます。シンプルで優しい味わいで、朝食にもぴったりです。

 

(text & photo:グッチ)

 

ぐるりホーチミン歩き 〜美味しいと可愛いを探して〜
その他の記事を読む>

 
こちらも合わせてCheck!
ホーチミンライターが選ぶ!女子に評判がいいベトナム土産ベスト5
ホーチミン旅行前にチェックしておきたい!ベトナムお土産リスト

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム