TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × チェンマイ × 最新情報お届け!タイ北部の都市「チェンマイ」に行こう
Loading
2017.2.19 11:09
鈴木 かの子:世界遺産ニスト
この著者の記事 タイ料理 チェンマイ観光
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ ©TRIPPING!

「北方のバラ」と称される美しい古都チェンマイには、仏教寺院、エレファント・キャンプ、ナイトバザールなど見所満載!気候が涼しく過ごしやすいし、都会なので旅行がしやすいのも特徴です。またロイ・クラトンやソンクラーン、チェンマイ・フラワー・フェスティバルなど有名なお祭りも開催されます。

本文を読む


 

寺院巡りで古都を満喫

チェンマイはかつて北タイで栄えたランナータイ王朝の首都でした。現在も当時の寺院や遺跡が約300以上も残されているので寺院巡りを楽しめます。青空と黄金の仏塔とのコントラストが美しい「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ」はタイ仏教の聖地として崇められており、チェンマイ市内から車で約30分、標高1,080mのステープ山の山頂に建てられています。

ワット・スアン・ドーク photo:世界遺産イェーイ!

チェンマイ市内にも寺院が多く残されています。こちらの「ワット・スアン・ドーク」は座像と立像が背中合わせに配置されているのが特徴。

 

90頭以上もの象が暮らしています!

チェンマイ市内から車で約1時間のメーサー渓谷にある「メーサー・エレファント・キャンプ」は、チェンマイに来たら絶対に外せない観光スポット!何と90頭以上もの象が暮らしているのです!日本の動物園では考えられません!

photo:世界遺産イェーイ!

入場すると象にバナナなどのエサをあげることができます。

象さんと写真も撮り放題!撮影後はお鼻でチップのお札を受け取ったりも!

photo:世界遺産イェーイ!

圧巻の数十頭の象が登場するショー!器用なお鼻で象使いさんに帽子をチョコンと乗せてあげます。

photo:世界遺産イェーイ!

photo:世界遺産イェーイ!

筆を使ってのお絵かきも大得意!描かれた絵は1枚2,000バーツなど高価なのですが、飛ぶように売れていきます。

photo:世界遺産イェーイ!

最大のハイライトは象乗り体験。想像以上に高さがあり(象の体高は約3m!)山道なので、ハラハラドキドキ!途中象使いさんが象から降りて写真を撮ってくれるサービスもあります。

忘れられない体験ができるエレファント・キャンプへは、チェンマイ市内からの半日ツアーなどが便利。市内への送迎、ガイド、象乗り体験、蘭園入場などがついたツアーが定番です。

—————————
メーサー・エレファント・キャンプ(Maesa Elephant Camp)
・住所:Maerim-Samoeng Rd.
・時間:7:00~15:30、無休
・料金:大人120THB、象乗り30分コース 600THB~

 

ナイトバザール

photo:世界遺産イェーイ!

チェンマイ中心地のチャン・クラン通りにあるナイトバザールは毎晩深夜まで開催され、雑貨などの露店が並びます。タイ屈指の大規模なナイトバザールでお土産を探しましょう!

カーレー・ナイトバザール ©TRIPPING!

屋内型バザールもいくつかあります。フードコートもあるので夕食を食べながらショッピングもできます。

 

この記事のタグ

タイ料理 チェンマイ観光
  • チェンマイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

『THAI LOVERS 130』発売!多部未華子さん、臼田あさ美さん他130人が登場

次回のタイ旅行のお供に!

『THAI LOVERS 130』発売!多部未華子さん、臼田あさ美さん他130人が登場
ゲストがビーチを独占できる サムイ島のリゾート4選+1

贅沢なひとときを…

ゲストがビーチを独占できる サムイ島のリゾート4選+1
心温まるおもてなしに癒される!ランカウイ島「カサデルマール」

ホテルから選ぶわたしの旅

心温まるおもてなしに癒される!ランカウイ島「カサデルマール」
メイド・イン・カンボジアマーケットで見つけた!おすすめカンボジア土産5選

ひと味違うカンボジア土産を探しに行こう!

メイド・イン・カンボジアマーケットで見つけた!おすすめカンボジア土産5選
見覚えのあるキャラクターがあちこちに!?バンコクのユニークな寺院

バンコクのちょっと変わったスポットへ

見覚えのあるキャラクターがあちこちに!?バンコクのユニークな寺院
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu