タイ
グルメ
美容&健康にいい素材を使用

低カロリーが自慢!バンコクのタピオカ風ドリンク店「CHA BAR」

著者撮影

空前のブームを巻き起こしているタピオカドリンク。しかし、芋から作られるタピオカは見た目に反して意外とカロリーが高く、巷では飲み過ぎ注意!という声も聞かれます。

そんななか、バンコクでは低カロリーな「タピオカもどき」を使ったドリンク店が登場。若い女性を中心に人気を集めています。

本文を読む


タピオカ風ドリンクを楽しむことができるのは、BTSサイアム駅から徒歩1分の場所にある「CHA BAR」。


著者撮影

複合施設「Lido Connect」1階にある店舗は近隣のチュラロンコーン大学の学生を中心に、若い女性たちで常に賑わっています。


著者撮影

CHA BARではタピオカに代わり、タイ産の赤米「ライスベリー」から作られたタピオカもどきを使用。シグネチャードリンクの “Classic Milk Cha Riceberry Boba” Mサイズ1杯で190キロカロリーと、驚きの低カロリーを実現しています。


著者撮影

タピオカもどきは米から作られているだけあって、米特有のモチモチした食感を味わうことができるのが特徴。タイ産の手摘み茶葉を使ったミルクティーとの相性も抜群です。


Classic Milk Cha Riceberry Boba Sサイズ 65バーツ(約230円) 著者撮影

ライスベリーはポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含んでおり、その栄養価の高さからスーパーフードとしても近年注目を集めている食材です。低カロリーなうえ、美容や健康にも良いだなんて女性にとっては最高ですよね。バンコクに来る機会があれば、ぜひCHA BARのタピオカ風ドリンクを試してみてください。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム