タイ
グルメ
写真映えする可愛いスイーツが魅力

バンコクで人気の日本風スイーツカフェ「ホワイトデー・パティスリー」

著者撮影

甘いもの好きな人が多いタイでは、各種SNSの流行も相まって、写真映えする可愛いスイーツを提供する店が近年急増しています。そんななか、日本を意識したコンセプトやメニューで特に人気を集めるスイーツカフェ「ホワイトデー・パティスリー(White Day Patisserie)」をご紹介したいと思います。

本文を読む



 

 

日本のホワイトデーから着想を得たカフェ

ホワイトデー・パティスリーは2019年2月現在、バンコク都内に5店舗を展開する人気スイーツ店。日本の「ホワイトデー」の習慣からインスピレーションを得て創業したことから、”Gifts are always sweet ~贈り物はいつもあたたかい~”をコンセプトに掲げて営業しています。


著者撮影

 

目にも舌にも楽しいスイーツの数々

ギフトボックスを開ける時のワクワク感をスイーツを通じて提供したいという思いから、店では独自のレシピに基づいたユニークなスイーツメニューを提供。


著者撮影

甘さ控えめな日本風のケーキメニューから富士山を模ったかき氷まで、老若男女問わず楽しめるさまざまなスイーツが揃います。


著者撮影


著者撮影

この日、筆者が注文したのは、バナナとダークチョコレートをアクセントに効かせたブレッドプディング(175バーツ・約620円)。サイコロ状にカットされたパンが山型に盛り付けられた見た目に楽しいメニューです。


著者撮影

熱々のブレッドプディングに濃厚なバニラカスタードクリームをかけたあと、添えられた冷え冷えのバニラアイスクリームと一緒に口に運べばまさに至福のひと時。辛いタイ料理の後の口直しにぴったりの一品となっています。

著者撮影

 

アクセス至便なCentral Rama 9店がおすすめ

今回ご紹介したCentral Rama 9店は、ホワイトデー・パティスリー各店のなかで、バンコク中心部から最も足を運びやすい店舗となっています。MRTラマ9世駅2番出口と直結した大型商業施設「セントラルプラザ・グランド・ラマ9店」内にあるため、天候を気にせず楽々アクセスすることができますよ。

著者撮影

 

若者に人気のナイトマーケット「タラートロットファイ・ラチャダー」からもほど近いので、マーケット散策のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます