タイ
グルメ
乾季の風物詩!

バンコクにビアガーデンの季節到来!屋外でビールを楽しもう

著者撮影

雨の心配が少なく、夜は過ごしやすい気温となる乾季のタイ・バンコク。この時期の期間限定イベントとして毎年盛り上がるのがビアガーデンです!ローカルに紛れて、屋外で冷え冷えのビールを楽しんでみませんか?

本文を読む


 

クラフトビール派におすすめ!Wishbeer Garden

著者撮影

クラフトビール人気の高いバンコクで、現在話題を集めているのが、人気クラフトビールバー「Wishbeer」が運営するビアガーデン「Wishbeer Garden」です。トンブリーエリアにある商業施設「Vue Bangkok」の中庭に設置された会場では、10種類の生ビールと300種類のボトル・缶ビールを楽しむことができます。

著者撮影

著者撮影

週末には人気バンドによるライブが開催されていますが、普段は落ち着いた大人っぽい雰囲気が魅力のこちら。星空のもと、個性的なクラフトビールと会話を楽しむには最適なビアガーデンです。2018年1月31日まで開催が予定されています。

著者撮影


Wishbeer Garden
・HP:https://www.facebook.com/WishbeerGarden/
・住所:110 soi Charoeanakorn 13,Charoeanakorn Road, Klongtonsai, Bangkok
・営業時間:17:00~01:00
・アクセス:クルン・トンブリー駅(BTS)から徒歩10分程度

 

盛り上がるならセントラルワールド前広場がおすすめ

著者撮影

バンコクのビアガーデンで最も有名なのが、商業施設「セントラルワールド」前広場の巨大ビアガーデン。毎年、タイの各ビール会社が自社のビールを販売するビアガーデンをそれぞれ設置し、期間中は多くの人で賑わうことで知られています。

2017年は「シンハー」「チャーン」「ハイネケン」「Federbräu」の4つの会場が登場。いずれの会場も連日大盛況となっています。

著者撮影

著者撮影

各ビアガーデンは雰囲気や提供されているフードがさまざまなのですが、ビール好きな私のおすすめは「シンハー」のブース。主銘柄の「ビア・シン」だけでなく、この会社が手掛けるクラフトビールや提携ブランドの「カールズバーグ」、日本の「アサヒビール」等、さまざまな銘柄を楽しむことができます。

ビア・シン(120B・約415円)   著者撮影

EST.33 Copper(160B・約560円)    著者撮影

フードも枝豆やソーセージといったつまみの王道メニューから、タイ料理まで幅広いメニューが揃います。

ソーセージ盛り合わせ(180B・約630円)    著者撮影

ビアガーデンらしい賑やかな雰囲気を満喫するなら、数あるビアガーデンのなかでもこのセントラルワールド前広場がおすすめ。2017年12月31日までの開催期間中、各ビアガーデンではタイの有名アーティストや人気バンドのライブが予定されていますので、タイの音楽に興味があるという方にもおすすめですよ。また、ビアガーデンに隣接するエリアでは、豪華なクリスマスイルミネーションも楽しむことができます。是非ビアガーデンと合わせて訪れてみてください。

著者撮影


セントラルワールド前広場
・住所:Ratchadamri Rd, Pathum Wan, Bangkok
・営業時間:18:00~23:45
・アクセス:チットロム駅(BTS)から徒歩5分程度

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム