タイ
ショッピング
チャオプラヤー川沿いに新名所誕生!

歴史とアートを感じさせるバンコク商業施設「LHONG 1919」

筆者撮影

2017年11月2日、チャオプラヤー川沿いに新たな商業施設「LHONG 1919」がオープンしました。1850年に開業した商船用船着場が、バンコクの古き良き時代を感じさせる素敵な場所に生まれ変わり、いま大きな話題を集めています。

本文を読む


 

歴史とモダンが調和する場所

筆者撮影

LHONG 1919の約6,800平方メートルの敷地内には、航海の守護神として中国沿海部の福建省や潮州を中心に信仰されている媽祖を祀る寺院、コワーキングスペース、レストラン、若手アーティストの作品を販売するショップなどが並びます。

筆者撮影

周辺エリアはかつてラーマ4世時代(1851~68年)に中国との交易の中心地だった場所だけに、LHONG 1919内にも中国文化を強く感じさせる場所がたくさん。オリエンタルな雰囲気満点です。

筆者撮影

筆者撮影

見どころの多いLHONG1919ですが、伝統的な手法を使用し、1年をかけて修復作業を施したという2階建ての建物は特に必見!当時は輸出入品を保管する倉庫やオフィスとして使用されていた建物だそうなのですが、歴史的価値がある重厚感たっぷりな空間に、バンコクの今を感じさせるショップが入居していて非常に興味深かったです。

筆者撮影

なお、私が訪れたのは一般公開がスタートして2日目だったのですが、若者に人気の屋外マーケット「The Great Outdoor Market」が敷地内で開催されていたこともあり、たくさんの人で賑わっていました。タイ人に話題の場所とあって、この盛況ぶりはしばらく続くのではないかと思います。

筆者撮影

2017年11月現在、最寄りの桟橋が正式に稼働していないため、LHONG 1919へは、クローンサン桟橋まで船で移動後、トゥクトゥクか徒歩でアクセスする必要がありますが、移動時間を短縮したい場合はシーロム方面からのタクシーでのアクセスが便利だと思います。照明で空間がより一層引き立つ夜間の訪問がおすすめです。

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム