タイ
カルチャー
熱帯写真家フォトエッセイ

LCCのピーチで沖縄とバンコクを一度に楽しむ

ベストシーズンの沖縄の海は最高だ  著者撮影

日本からバンコクまでのLCCは、エア・アジアとスクートが知られているが、2017年2月にピーチが那覇(沖縄)~バンコク(スワンナプーム)の運航を開始している。

本文を読む


 
スケジュールは、那覇発21:55、バンコク着00:25。バンコク発01:25、那覇着07:55となっている。(スケジュールについてはピーチの公式サイトにて要確認) LCCのフライトは片道でも発券可能なので、東京~沖縄(那覇)~バンコク~東京や関空~バンコク~沖縄(那覇)~関空といった沖縄とアジアを周遊するルートも考えられる。沖縄まではLCC以外の選択肢も多数ある。

スワンナプームの掲示板  著者撮影

バンコクから沖縄までピーチのフライトで旅行してきた。タイ人には、東京、大阪、北海道が人気の観光地なので、沖縄に行く人など少ないのではないだろうか?と思っていたのだが、機内は満席、乗客はタイ人観光客、日本人、アメリカ人(在沖縄米軍の人?)といった感じだった。那覇空港では国内線ターミナルとは別のLCCターミナルに到着する。現在拡張工事中で、イミグレーションもとりあえず作りましたという感じ。市内へはゆいレールかバス、タクシーやレンタカーになると思うが、無料のシャトルバスで国内線ターミナルまで行き、そこから市内へ向かうことになる。

那覇空港のLCCターミナルに到着  著者撮影

LCCターミナルには小さな売店がひとつあるだけ。那覇から出発する場合は、早めに行き国内線ターミナルで食事をするか、市内で済ませてから空港に向かうべきだろう。ピーチのバンコク行きとバニラの台北行きのフライトが近い時間で出発するため待合室は出発客であふれ、座る場所のない人は通路に座るほどだった。拡張工事が終われば解消されるのかも知れないが。成田や羽田、関空といった大きな空港に比べるといささか不便ではあるが、それが気にならないのであれば、沖縄経由バンコク行きも面白いのではないだろうか。

ビーチでオリオンビール  著者撮影

特に夏休み期間、沖縄のビーチはベストシーズン、タイのピーチは雨季でオフシーズン。沖縄のビーチもタイに勝るとも劣らない。少なくともパタヤビーチと比べたら圧倒的に沖縄のビーチのほうが綺麗だ。以前には、那覇~バンコク線も期間限定で2000円というセールや二人で沖縄~バンコク4,000円というセールもあった。こういったお値打ちセールのフライトをゲットするには、各社の公式HPをマメにチェックしたり、メールマガジンを購読することをおすすめする。

 
(text & photo : 中島貴義)

 
熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム