タイ
グルメ

日本にも支店がある有名店 タイスキと言えばここ!

Pic01

日本では、鍋は冬に食べるのが主流。
しかし常夏のここタイには、「タイスキ」という鍋料理が存在し、
年がら年中賑わっている。

そんなタイスキ店の中でも1番の支店数を誇り、日本にも進出している「MK Restaurant」をご紹介!

Pic2

日本では、やよい軒などを展開するPlenusが運営していて、
タイのやよい軒は、MKが運営しているという間柄。

今回はMK(もとい、タイスキ)初心者向けに、食べ方やおすすめメニューを伝授したいと思います!

MK特製ナムチム(たれ)に、各自でひと工夫

Pic3

MK特製ナムチムは、なにも言わないとパクチー入りのものが出されますが、日本人でパクチー嫌いは意外と多いもの。ちゃんと店員さんに、「パクチー抜きで」とお願いすれば、写真のようなたれを持ってきてくれます。
このたれをベースに、にんにくみじん切り、青唐辛子みじん切り、レモン汁をお好みで加えます。自分好みの味を作れるようになったらあなたもMK通!

ペッヤーンMK(MK特製ローストダック)

pic4

周りを見渡すと、ほとんどのテーブルが頼んでいるMKの看板メニュー。ローストダックにあわせる麺を一緒に頼んで。

Pic5

麺はこちらの野菜入りがおすすめ。ローストダックとあわせる以外に、鍋に入れて食べるのももちろんOK!

鍋の具材はどれにする?迷ったらまずは野菜セットをオーダー

Pic6

野菜セットの他に、私がいつも頼むものは以下の品々。

pic7

春雨が鍋の中でバラバラにならないためのひと工夫

Pic8

たまごと春雨をあえてから、鍋に投入!これ、実はタイ人に教わったのだけど、以前MKのCMでこの方法をおすすめしていたんだとか。

楽しく鍋を食べるやり方って、多種多様!

点心メニューも充実!

pic9

中でもアツアツの春巻きは、専門店も驚きのクオリティ!

メニューは全て日本語併記で写真付きなので、言葉が通じなくても安心。

支店によっては食べ放題を実施していたり、MK GOLDといった高級志向のMKなどもあり、そのどれもが連日満席の大賑わい。

「鍋は国境を越える」

自分の好きなスタイルでどんどん冒険してみよう!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム