タイ
カルチャー
新規撮り下ろしシーンも!

人気タイBL待望の映画化!『2gether THE MOVIE』が日本公開決定

日本のタイBLブームを牽引する人気ドラマ『2gether the series』が、待望の映画化決定! 2021年6月4日(金)より全国でロードショーされる。

本文を読む


『2gether the series』は2020年2月からタイで放送されたラブコメディドラマ。“偽装彼氏”の関係から始まる大学の同級生タインとサラワットの恋物語は、タイ国内のみならず日本そして世界中へ広まり、最終回放送後には480万件のツイート数で世界トレンド1位に入るなど、世界的な人気を誇る。また2020年12月には『Still 2gether』として彼らの1年後を描いたスピンオフ特別編も放送に。シリーズ累計の総視聴回数は、全世界合計で8億2100万回以上を記録している。

そんな本作の映画版『2gether THE MOVIE』が2021年6月4日(金)より日本で公開される。全13話の『2gether the series』および全5話の『Still 2gether』をまとめつつ、映画のために撮り下ろされた新規シーン、さらに主人公ふたりの心情が語られるボイスオーバーも入った完全版となっている。

ここで主演を務めるサラワット役・ブライト&タイン役・ウィンからのコメントをご紹介!

■サラワット役・ブライト(Vachirawit Chivaaree)

「ファンの皆さんに愛されている『2gether』シリーズが映画になり、幸せです。まるでドラマの放送を楽しみにしていた頃に戻ったみたいですが、その時とは一味違った視点で違った気分を感じています。シリーズのファンの皆さんにとっても素敵な経験になると思います。映画の撮影中は、自分自身が「より大人のサラワット」になったと感じました。ずっと前から知っていた彼、サラワットの成長した姿を見られてとても感慨深いです。この映画が日本のファンの皆さんの心も幸せと喜びで満たし、楽しんでもらえることを願っています。またとないこの機会を一緒に盛り上げて、タインとサラワットをスクリーンに呼び戻しましょう!」

■タイン役・ウィン(Metawin OPAS-iamkajorn)

「『2gether』シリーズが映画になることをとても嬉しく思います。映画化を最初に知った時はかなり驚きました。もう二度とタインを演じる機会はないと思っていたので、映画でまた役に戻ることができたことも良かったです。映画スタイルの撮影はとても新鮮な経験でした。普段は複数のカメラで撮影されることが多いのですが、今回はカメラが1台だったのでより細かいところまで気を配った演技をする必要がありました。大きなスクリーンで上映されるので、すべてが詳細に映りますからね。この映画が日本でも上映され、日本のファンの皆さんにも観て頂けることがとても幸せです。日本のファンの皆さんにもそう思ってもらえると嬉しいです。映画ではより大人になったタインとサラワットの姿を見られます。僕たちの物語をお楽しみに!」

映画公開に先駆け、2021年4月16日(金)からは前売り券の発売もスタート。購入は劇場窓口、「映画前売券のことならメイジャー」ムビチケ前売券(オンライン)にて。また同日より、全国のローソン・ミニストップ店内設置のLoppiでも「グッズ引換券付きムビチケコンビニ券」が発売される。こちらの詳細については、4月12日(月)に掲載される公式サイトの案内をチェックして。

ちなみに2021年4月16日(金)の東京会場を皮切りに、『2gether』のブライト&ウィンのことも取り上げた展覧会『GMMTV EXHIBITION in JAPAN』が全国を巡回。映画公開前にこちらの展覧会へ足を運ぶのもおすすめだ。

『2gether』ファンはもちろんのこと、まだ『2gether』やタイBLを知らない方にもぜひお近くの劇場でふたりの恋を見届けてほしい。

■『2gether THE MOVIE』公式サイト
http://2gether-movie.asmik-ace.co.jp

■STORY
同級生の男子生徒から告白されたタインは、自分への想いを諦めさせるため「嘘の彼氏役になってほしい」と学園一のイケメン・サラワットに頼み込む。そんなタインに当初はつれない態度をとるサラワット。しかしいつしか彼に惹かれていって……?

……そんな出会ったばかりの頃のことがふとよぎる未来のふたり。真新しいスーツに腕を通すタインとサラワットにとって、“今日”はふたりの新たなスタートとなる特別な日で……。

■作品情報
監督:ウィーラチット・トンジラー、ノッパナッ・チャウィモン、カニタ・クワンユー
出演:ワチラウィット・チワアリー(ブライト)、メータウィン・オーパッイアムカジョーン(ウィン)、サッタブット・ラディキ、タナットサラン・サムトンライ、チンラット・シリポンチャワリット、ジラキット・クアリアクン、シワコーン・レトゥチョー、コラウィット・ブーンスィ
提供:アスミック・エース コンテンツセブン クロックワークス
配給:アスミック・エース 
後援:タイ国政府観光庁



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます