タイ
カルチャー
大量の水を使った野外音楽フェスも必見!

2020年も開催!タイ最大の水かけ祭り「ソンクラーン」に行ってみよう!

写真提供:タイ国政府観光局

タイの旧正月を祝うお祭りで、国内で最も重要なイベントとして親しまれている「ソンクラーン」。毎年4月13日から15日の3日間に行われ、タイの人々は家族や親しい友人らと集い、祝日を祝う。

本文を読む


 

お清めする伝統的な風習が転じて、現在は「水かけ祭り」に

写真提供:タイ国政府観光局

元々は仏像や仏塔へ、また年長者の手に水をかけてお清めをするという伝統的な風習があり、近年では、それが転じて街の往来で通行人同士が水をかけ合って楽しむ“水かけ祭り”として知られるように。バンコクはもちろん、各々の地域独自のイベントで盛り上がり、これを目当てに訪れる観光客も多い。

 

バンコクでは、大規模イベントが多数開催予定

写真提供:タイ国政府観光局

バンコクでは各種イベントが目白押し。毎年派手な水かけ合戦が繰り広げられるのは、バックパッカーの聖地「カオサン通り」やオフィス街の「シーロム通り」、ショッピングエリア「サイアムスクエア」などの繁華街。さらにナイトクラブが集まる通り「RCA」も人気。他に市内では、由緒ある「ソンクラーン・ウィースティカサット」がウィースティカサット通りで開催されている。

写真提供:タイ国政府観光局

“ソンクラーン×ダンスミュージック”をコンセプトにした大型EDMフェスティバル「S2Oソンクラーン・ミュージック・フェスティバル」も同時期に開催。会場には巨大なホースがいくつも用意され、ずぶ濡れ必至。世界中から旅行者が集まる人気のフェスだ。今年の開催予定日は、2020年4月11(土)〜13日(月)。チケットはフェスの公式WEBサイトからチェックしてみて。

■S2Oソンクラーン・ミュージック・フェスティバル(S2O Songkran Music Festival)
https://www.s2ofestival.com/ticket/

写真提供:S2O Songkran Music Festival

 

チェンマイやアユタヤでは、独自のイベントも

写真提供:タイ国政府観光局

古都チェンマイの「ソンクラーン」は「サリー・ピーマイ・ムアン」と呼ばれ、チェンマイの守護神とされる仏像「プラ・ブッタシヒン」に水をかけようと市民が集い、伝統舞踊や文芸芸術の上演で盛り上がる。


写真提供:タイ国政府観光局

世界遺産として知られる「アユタヤ歴史公園」では、ゾウと一緒に水遊びが出来るという珍しい体験が大人気。ゾウを交えた華やかなパレードなど、様々なイベントが行われる。

 

リゾート地や地方都市の「ソンクラーン」にも注目

ソンクーランはタイ全土で行われ、特にサムットプラーカーン、アユタヤ、スパンブリー、チョンブリー、スコータイ、チェンマイ、ランパーン、ナコーンパトム、ノンカーイ、コーンケーン、プーケット、ソンクラーの12都市が代表的。

プーケットを代表するパトン・ビーチではオン・ザ・ビーチのソンクラーンを楽しむことができる。「プラ・ブッタシヒン」像のパレードを始め、様々なショーやエンタテインメントが繰り広げられるので、ビーチならではの開放的なお祭りムードを味わってみて。

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます