タイ
観光
数奇な人生も魅力的!

お土産から期間限定ファームまで!ジムトンプソンを巡る旅

_MG_2961photo:Hiromi Hashimura

タイシルクで有名なブランド「JIM TOMPSON(ジムトンプソン)」。タイのお土産で一度はもらったことがあるのでは?

タイシルクなどを使った服や雑貨が有名ですが、レストランや博物館、期間限定で見学できるジムトンプソンファームなど、いろいろなスポットがあります。ショッピングもかねて立ち寄ってみてください。

本文を読む


 

期間限定オープンの「ジムトンプソン・ファーム」がスゴイ!

8著者撮影

年末年始にバンコクへの旅行を考えている方の旅のリストに加えてほしいのが、例年12月中旬から1月初旬の期間限定でオープンする「ジムトンプソン・ファーム」です。タイシルクの制作過程やイサーン地方の伝統文化を伝えるほか、ひまわりやコスモスなどの花畑もある広大なファーム。敷地内にはレストランや屋台も出ていて、1日楽しめます。

1広い農園内はバスが走っています。もちろん歩いてもOK  著者撮影

5繭から布になるまで、製品づくりの行程を見ることができます 著者撮影

驚きなのが、その可愛さ! どこも展示が工夫されていて、楽しく体験や見学ができるようになっています。施設内は、専用カートで自由に乗り降りが可能。もちろん、物品販売コーナーもあるので、ジムトンプソン製品のほか、農園内でつくられた作物を購入することもできます。残念なのは、開催時期がとても少ないこと。この時期にバンコクに行っていたらラッキーですよ!

2このあたりはカボチャが名産とあって、いろんなところに飾ってありました 著者撮影

3著者撮影

場所は、バンコクから車で4時間ほどのナコーンラーチャシーマー。ちょっと遠いのですが、車をチャーターするか、現地発のツアーでも参加可能です。

4ジムトンプソンの布とワラで造られたクッション。気持ちいい! 著者撮影

6可愛い布のハーバルボールとファームで作られた農作物をお土産に購入 著者撮影

 
Jim Thompson Farm
・住所:Tambol Takob, Amphur Pak Thong Chai, Nakhon Ratchasima, (Korat) Province
・電話:(+66)2-762-2566 / (+66)85-660-7336
・HP:http://www.jimthompsonfarm.com/JIMTHOMPSON_FARM/ENGLISH.html

 

ジムトンプソンの人生に驚く!「ジムトンプソンの家」

_MG_2934photo:Hiromi Hashimura

「ジムトンプソンの家」は、元建築家で古美術収集家だったというジムトンプソンの一面を垣間見ることができる博物館です。ジムトンプソンが実際に暮らしていた住居を博物館として公開しており、タイの古い家を6軒集めて作ったというから驚きです。館内では、ジムトンプソンが集めたという美術品もみることができます。

_MG_2926photo:Hiromi Hashimura

1906年にアメリカで生まれたジムトンプソン。建築家として働いていたが第二次世界大戦でCIAの前身OSSの情報将校としてタイに渡ったのが、タイに住んだきっかけ。その後、タイシルクで実業家として成功するも、1967年に休暇で訪れていたマレーシアで謎の失踪を遂げたのが最後と言われています。

_MG_2936photo:Hiromi Hashimura

もの凄い運命を生きたアメリカ人が作ったブランドだった、というのが面白いですよね。時間帯によっては日本語のガイドさんと一緒に見学することができます。場所もサイアムエリアと、アクセスも抜群なので、気軽に立ち寄れます。

 
Jim Thompson’s House
・住所:6 Kaseman Soi 2, Rama 1 Road Bangkok
・時間:9:00~18:00
・料金:150B/大人、100B/子供
・電話:(+66) 2-216-7368
・HP:http://jimthompsonhouse.com

 

アウトレットでお得にショッピング!「ファクトリー・アウトレット」

7ビルの1階から5階までがアウトレットのビル。シルクやコットンの計り売りもある 著者撮影

高級デパートや空港のDTFなどにも入っている有名ブランドですが、高級品ゆえお値段は高め。それが年中セール価格で購入できるのがジムトンプソンのアウトレットです。

何件かあるのですが、行きやすいところではBTSのBang Chak(バンチャーク)駅から歩いて5分ほどの場所にあります。時間がある人はこちらでチェックするのがおすすめ。ビル内にはカフェもあるので、買い物につかれたら休憩もできます。

洋服やファッショングッズだけでなく、布もメーター買いできるので楽しいですよ。また、年に2回(例年6月と11月)、イベント会場での大規模なセールも開催しています。こちらは公式HPで発表されるので、その時期に旅行を考えている人はチェックしてみてください。

IMG_40135階にはカフェも併設。タイ料理やドリンクも楽しめる 著者撮影

 
Jim Thompson Factory Outlet
・住所:153 Soi Sukhumvit 93, Bangchak, Phakanong, Bangkok
・時間:9:00~18:00
・電話:(+66)2-332-6530-4, (+66)2-742-4601-3
・HP:http://www.jimthompson.com

 

(photo & text : 美濃羽佐智子)

 
カワイイ!おいしい! 女子旅 ♡ タイランド
その他の記事を読む>

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム