タイ
観光
次はここに行きタイ!タイリゾート特集

狙うは大人のアジアンリゾート「サムイ島&クラビ」

前編TOP
©Tourism Authority of Thailand

自然のままに広がるエメラルドブルーの海と美しいパウダーサンド、日々の慌ただしさを、まるっきり忘れさせてくれるラグジュアリーなホテルステイ……世界中のトラベラーから愛されるタイのビーチリゾートは、一度は訪れたいディスティネーション!

本文を読む


今回は、数あるタイのビーチリゾートの中でも、“大人”なヴァケーションが叶うサムイ島とクラビ、それぞれの魅力にクローズアップしてお届け。

 

別名「ココナッツ・アイランド」、サムイ島

タイ湾に浮かぶタイ国内で3番目に大きな島、サムイ、別名「ココナッツ・アイランド」。バンコク経由で日本から約7時間という比較的行きやすい距離にも関わらず、そこに広がるのは非日常という言葉そのもの。

Chaweng Beach on Samui Island, Surat Thani *** Local Caption *** หาดเฉวงในเกาะสมุย จังหวัดสุราษฎร์ธานี
©Tourism Authority of Thailand

同じくタイの高級ビーチリゾートとして知られる華やかなプーケットとは、少し趣が異なりのんびりムード。“ココナッツより高い建物を禁止する”条例により景観は守られ、手つかずの自然がそのままに残されている。海岸には真っ白な砂浜が連なり、ホテルのほとんどがオン・ザ・ビーチ。プライベートなリゾートライフを過ごすのが何より贅沢だ。

 

ラグジュアリーホテルで、大自然と調和したステイを

KOH_001_
©Four Seasons フォーシーズンズ・コサムイ

5つ星ホテルも多数点在し、「フォーシーズンズ」や「コンラッド」といった世界の名だたるラグジュアリーブランドも、大自然と調和したステイをそれぞれに実現。特に、自然派高級リゾートブランドの先駆者「シックスセンシズ」は今年7月に「シックスセンシズ サムイ」をフルリノベーションオープンし、注目の的に。また伝統的なタイの建築様式を用いたヴィラが特長的な「バンヤンツリー・サムイ」はプライベートプールを全棟に完備し人気だ。

Main_Pool2_[6263-MEDIUM]
©Six Senses Hotels Resorts Spas  シックスセンシズ・サムイ

 

アイランドホッピングでアクティブに遊ぼう

サムイ離島
©Tourism Authority of Thailand

サムイ島をよりアクティブに楽しむなら、周辺のアイランド・ホッピングへぜひ。沖合の熱帯雨林に囲まれたパガン島(通称パンガン島)には、入り組んだ入り江に大小のビーチが数多くあり、波が穏やかでシュノーケリングやシーカヤックに最適。43の島々から成るアーントーン諸島では、海水の浸食によってできた独特な景観が目を奪う。

 

世界中のダイバーが集まるダイビングパラダイスも!

Tao
©Tourism Authority of Thailand

サムイ島から北へ約60kmのところに位置するタオ島は、ジンベイザメに会えるポイントがあることから、世界中のダイバーが集まるダイバーズパラダイス。島周辺は潮流が穏やかであることから、ビギナーからエキスパートまで楽しめるのも人気の理由。

Muong Bay in Tao island at Surat Thani *** Local Caption *** อ่าวม่วงที่เกาะเต่า จังหวัดสุราษฎร์ธานี
©Tourism Authority of Thailand

タオ島の西500mほどのところにあるナン・ユアン島はサンゴ礁の島で、島の周りはほとんどがタイプサイト!どちらの島も、ダイビングをしなくともシュノーケリングを楽しめるので、ツアーなどに参加して訪れたい場所のひとつ。

 

海だけじゃない!山で冒険しよう

サファリツアーimage013
写真提供:H.I.S.

マリンスポーツだけではなく、陸上のアクティビティも充実。雄大な海を眺めながらのエレファントトレッキングや、遊泳可能な滝を目指してハイキングという楽しみ方もあり、サムイ島の豊かな緑を満喫したい。

 

島内観光もお忘れなく!

ビッグ・ブッダ
©ASEAN-Japan Centre

島内を散策するなら、島のシンボル的存在、高さ12メートルの巨大な黄金色のビッグ・ブッダが祀られる「ビッグ・ブッダ寺院」や、アジアらしいマーケットの雰囲気と活気を感じられる港町「ナートン・タウン」、愛らしいサルたちに出会える「サムイ・モンキーセンター」まで足を延ばしてみては。

 

手つかずの自然を満喫!クラビ

バンコクから国内線で約1時間半、プーケット島からパンガー湾を挟んですぐ東。岩山に囲まれた絶景が広がるクラビはタイ国内のビーチリゾートの中でも、自然の神秘を目の当たりにすることができる秘境だ。

Ngai Island is located in Ko Lanta District, Krabi. but it is attraction in Sea's Trang Group. *** Local Caption *** เกาะไหง เป็นเกาะที่อยู่ในเขตอำเภอเกาะลันตา จังหวัดกระบี่ แต่จัดเป็นแหล่งท่องเที่ยวในกลุ่มของทะเลตรัง
©Tourism Authority of Thailand

地形が複雑に入り組んでいるため、ビーチの多くは陸路から離れ、移動手段は中心地・アオナンビーチを拠点にボートで。環境保護の観点からジェットスキーなど、モーターを使用するウォータースポーツも禁止されているので、美しい自然の中で静かに過ごすことができる。

 

海に山に、アクティブに冒険しよう!

Maya Bay, Phi Phi Le Island, Hat Noppharat Thara - Mu Ko Phi Phi National Marine Park, Krabi *** Local Caption *** อ่าวมาหยา เกาะพีพีเล อุทยานแห่งชาติหาดนพรัตน์ธารา-หมู่เกาะพีพี จังหวัดกระบี่
©Tourism Authority of Thailand

沖合には130以上の島々が点在し、それらを渡るアイランド・ホッピングもクラビの楽しみのひとつ。タップ島やガイ(チキン)島、モー島、ポダ島など、それぞれ個性的な島々はシュノーケリングにも最適で、日帰りで気軽に楽しめる。

Krabi1
©Tourism Authority of Thailand

またクラビの石灰岩の岩壁は、世界的に知られるロッククライミングの聖地。様々な難易度で250本以上のルートがあり、経験豊かなクライマーからビギナーまで気軽にトライ。マングローブの間を進み、古代人が洞窟に残した壁画の見学をハイライトとするカヌーツアーも人気。そしてクラビ・タウンから車で1時間半ほどのクローン・トームにある森の中の滝や川に湧き出る天然温泉は、地元の人々も集まるリラクゼーションスポットだ。

 
「次はここに行きタイ!タイリゾート特集」の“後編”では、実際にサムイ島とクラビを訪れる際のおすすめのツアー情報をご紹介!TRIPPING!編集部イチオシのプランをチェックしてみて!

 
次はここに行きタイ!タイリゾート特集
前編:狙うは大人のアジアンリゾート「サムイ島&クラビ」
後編:サムイ島&クラビで叶える、大人のリゾート・ステイ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム