タイ
ショッピング
ソンクラーンを楽しむ

水掛け祭りの必需品!現地で買うべきグッズをご紹介

水掛け祭りの必需品は現地でそろえる!

11131834_10204082235111475_322968193_n

待ちに待った水掛け祭りこと、ソンクラーンの時期がやってきました!この時期に合わせてタイ旅行を計画した方もいらっしゃると思います。しかし、実際どのような持ち物を持って参加すれば良いか迷われている方もいるのではないでしょうか?

本文を読む


やはり現地の必需品は現地で調達するのが一番!そこで今回はソンクラーンを最高に楽しむためのグッズと購入場所を紹介します。

 

ソンクラーングッズは屋台で買う

11118579_10204088596270500_1051376558_n

意外かもしれませんが、タイで旬を捉えた買い物をするのは屋台が一番!例えばソンクラーンやチャイニーズニューイヤーなど、季節の必需品は屋台でほぼ全てそろってしまいます。あちこちハシゴをするより、一カ所屋台街を押さえておくとタイで旬ないい買い物ができます。

そこで、筆者が本当は教えたくない(笑)オススメの屋台街をご紹介します。MRTタイカルチャーセンター駅から徒歩圏内にあるタイご当地スーパー、「BIG Cラチャダーピセーク店」周辺の屋台街です。お店によりけりですが、17時以降をピークに10時頃から22時頃まで開いています。タイ語がベストですが、英語も通じやすく、価格もローカルプライス!楽しく旬の買い物ができる、穴場スポットです。

 

ソンクラーンを楽しむ4つのグッズ

では、具体的にどんなものを買ったらいいでしょうか?

1. 水着
waterfes01

まず、水に濡れてもいい格好=水着を調達しましょう! 日本から持ってきてもいいですが、せっかくなのでタイらしいデザインの水着でソンクラーンに臨みたいところ。屋台で買う水着の平均価格は大体300バーツ(約1,100円)から500バーツ(約1,800円)ほどですが、写真の水着は250バーツ(約900円)で価格もとってもお手頃!!屋台のおばちゃんへ笑顔と敬意を払いながら価格の交渉をするのも屋台ショッピングの醍醐味です。運が良ければ大体50バーツ(約180円)
ほどディスカウントしてくれます。

 
2. ゴーグルタイプのサングラス
waterfes02
もはや戦場と化す(!?)水掛け祭り。どこから水が飛んでくるか予測不可能です。ゴーグルタイプのサングラスがあれば、突然飛んでくる水から目を守る事ができ、コンタクトレンズをしている方も安心です。バンコクの中心エリアでは100バーツ(約370円)から200バーツ(約700円)で売られていることもあるコーグルタイプのサングラス。今回はSALEとなっていて50バーツ(約180円)で購入できました。

 
3. 首下げビニールケース
waterfes03

水掛け祭りで気をつけたいのが携帯電話などの防水。ソンクラーンの時期には水掛け祭りに備え、首下げビニールケースが登場します。価格は30バーツ(約110円)から50バーツ(約180円)ほど。写真のように携帯電話や必要最小限のお金を入れています。(お金は紹介用にわかりやすくそのまま入れていますが、実際に持ち歩く際は小銭入れ等に入れてスリ対策をして下さい。)コレさえあれば、水も怖くありません!!

 
4. 水鉄砲
11118539_10204088702513156_1473539877_n

ソンクラーンを楽しむためにはやっぱり水鉄砲はかかせません!!屋台でも購入はできますが、水鉄砲に限ってはBIG Cなどのタイご当地スーパーで買う事をオススメします。計り知れないほど大量の水鉄砲が売り出されているので、ご自身にぴったりの水鉄砲をスーパーで是非見つけ下さい!

waterfes

今回購入した水鉄砲は1 buy get 1 freeのプロモーションをしていたもの。2つで89バーツ(約330円)でした。宮本武蔵風に二刀流で参戦しようと企んでいます。

 

紹介した4つのグッズは価格が手頃で日本の夏でも使えそうなもの。この時期ならではのタイ土産としてもいいかもしれません!水掛け祭りとともにソンクラーン時期にしか出来ないお買い物を楽しんで下さいね!

 
※日本円表記は、2015年4月12日の為替レートに準じます

 
こちらも合わせてCheck!
世界中から旅行者が集まる「水掛け祭り」に参加しよう!在住者の耳寄り情報もチェック!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム