シンガポール
ショッピング
事前に知ってれば安心!

シンガポールのドラッグストア事情「Watsons」と「Guardian」

お土産から、いざという時のお薬まで、なんでも揃うシンガポールのドラッグストア。ここで手に入る物を把握しておけば、いざというとき安心です!

本文を読む


シンガポールの2大ドラッグストア

シンガポールには、大手ドラッグストアが二つあります。

image
オレンジの看板が目印の「guardian」 
著者撮影

image
緑の看板が目印の「watsons」 著者撮影

どちらのドラッグストアも品揃えも値段もだいたい同じ。入ってすぐにプチプラ化粧品コーナーがあるのも共通。

image著者撮影

日本でもおなじみのブランドが沢山入っているので、もしメイクグッズの忘れ物をしてもすぐに解決!その他、日本には入っていない、韓国やタイなど他の国々のブランドのアイテムを物色するのも楽しいですよ♡

 

お店のプライベートブランドもみどころ!

「watsons」では、ベビーのお尻拭きやポケットティッシュがミッフィーちゃん♪

image著者撮影

 

医療的なお薬も処方してもらえる

お店の奥にはだいたい薬剤師さんが常駐しています。
CASHIER(レジ)ではなく、PHARMACYというカウンターに居るスタッフです。(※シフト制らしいので、時間によっては不在の事も有り。)

image著者撮影

そこでカウンセリング(無料)をしてもらい、名前、ID番号(パスポート番号など)、メールアドレス等を記入するだけで、「Pharmacy Medicine」と言うお医者さんで処方されるような専門的なお薬も購入できます。

 

定番商品をチェック!

こちらはシンガポール人なら誰もが知っている「Panadol(パナドール)」。いわゆる鎮痛解熱剤です。

image著者撮影

1歳の子供用から、筋肉痛用、月経痛用まで、あらゆる種類の鎮痛剤が発売されています。

image著者撮影

妊娠中や、授乳中のママでも飲んでOKと言われてはいますが、これだけは自己責任…

急な発熱には冷却シートを。

image著者撮影

シンガポールの国民的キャラクターANGRY BIRDSの体温計も。

image著者撮影

 

おすすめは効果絶大な肩こりクリーム

ご存知タイガーバームから発売されている、「肩こり用クリーム」は要チェック!

image著者撮影

2種類あるのですが、写真の右側、BOOST(強力)の方の効果、スゴイんです♡
肩こりだけでなく、飛行機や慣れない枕で寝違えた首や、痛めた腰、歩き疲れた脚に塗ってもOK!少量でものすごくスースーするので、初めて使う方は少しずつお試しください。ご両親や上司へのお土産にも!?

 
その他、日本で話題(?)のデング熱の蚊除け・虫よけ関連グッズも。南の国は常にデング熱の危険にさらされていますからね(><)スプレーから、ローション、虫除けパッチなど種類も豊富。先日日本から遊びに来ていたお友達も、大量に購入して帰りました!

見れば見るほど面白い発見のあるドラッグストア。いざという時も頼りになります。特に薬剤師さんが常駐しているという点が何かと安心。どのモールにもドラッグストアが入っているので、滞在中ぜひ一度は覗いてみてくださいね♪

 
<おまけ>
旅行者の方にはあまり関係ない話だとは思いますが…
「watsons」は、メンバーポイントカードがあって、たまったポイントでディスカウントしてもらえたり、メンバーのみのシークレットセールが結構頻繁にあったりする一方、「guardian」は、PAssion CARDやUOB(銀行)のクレジットカードでポイントが溜まって、ポイント割引きがきくので、どちらも結局お得感は同じな気がしています。



初回投稿日:2014年10月4日
情報更新日:2018年11月24日(写真情報更新 by 編集部)

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム