シンガポール
観光
大パノラマで楽しむ海の世界

宿泊もできる!シンガポール最大級の水族館「シー・アクアリウム™」

写真提供:ゲンティン・シンガポール・リミテッド

「シー・アクアリウム™」は、セントーサ島内にあるシンガポール最大級の水族館。東南アジアからアフリカ亜大陸までの海を再現した展示がユニークで、約800種類からなる10万匹の海洋生物を観賞することができる。

本文を読む


 

世界の海を再現したユニークな展示の数々

「シー・アクアリウム™」では、約800種類からなる10万匹の海洋生物を49の生息環境に分けて展示している。中でも高さ8.3メートル、幅36メートル、厚さ70センチを誇る巨大水槽「オーシャン・ギャラリー」は必見。サメやマンタ、ノコギリエイ、ナポレオンフィッシュなど約4万匹の海洋生物が泳ぐ姿は圧巻だ。


写真提供:ゲンティン・シンガポール・リミテッド

珍しい種類の魚を見ることができるのも、水族館の醍醐味。「シャーク・シー」では、ツマジロやアカシュモクザメなど、絶滅危惧種を含めた12種類200匹のサメが優雅に泳ぐ。水槽の底を通るトンネル状の通路からは、様々な角度でサメの姿を楽しむことができる。


©Singapore Tourism Board

小さい子供におすすめなのが、高さ8メートル、直径7メートルの円形の水槽「コーラル・ガーデン」。サンゴ礁やリーフフィッシュが生息するマラッカ海峡やアンダマン海の、カラフルな海の世界が再現されている。


©Singapore Tourism Board

 

子連れ旅行におすすめ!水族館で宿泊体験も

天井に「オーシャン・ギャラリー」の水槽を眺める、直径6.2メートルのドーム型のスペース「オーシャン・ドーム」。ここでは、ガイドツアー付きの宿泊体験も可能だ。水槽の間近にテントを立てて、10万匹の魚たちを一晩中眺めることができ、子連れ旅行にもおすすめだ。


©Singapore Tourism Board

大迫力の展示のほか、新鮮なシーフードを使った創作料理が楽しめるレストラン「オーシャン・レストラン・バイ・キャット・コーラ」など、見所満載の「シー・アクアリウム™」にぜひ足を運んでみて。


©Singapore Tourism Board

シンガポールの一大リゾート「セントーサ島」とは?

セントーサ島は本島から800m、市内からは30分ほどの距離に位置する小さな島。人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール™」を始め、世界最大級の巨大な水槽がある海洋水族館、スリル満点のスライダーや海の生き物たちと触れ合えるウォーターパーク、さらにはグルメや癒しのスパまで、とにかくアクティビティが豊富なシンガポール最大級のリゾートアイランドだ。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます