シンガポール
グルメ
縁起のいい食材ばかり!

シンガポールの旧正月は金運UPの料理「魚生」でお祝いを

著者撮影

年末年始の海外旅行のピーク時を過ぎた新年明けに、シンガポール旅行を計画されている方も多いと思います。シンガポールは旧暦で新年を祝うので、日本のお正月が終わってからシンガポールにいらっしゃると、毎年ちょうど旧正月のお祝いが始まる頃になります。

本文を読む


この時期にシンガポールにいらっしゃる方にぜひ体験していただきたいのが、「魚生(Yu Shen)」です。「魚生」とはシンガポールとマレーシアの一部でしか経験出来ない旧正月のお祝い膳です。どこの中華レストランでも旧正月メニューの中に入っていますし、スーパーでも売っているので、ホテルの部屋でこっそりお祝いする事も出来ます。でもスーパーで買うよりもレストランの方が美味しいので、レストランでお持ち帰りの「魚生」をオーダーする事をおすすめします。

 

かけ声は「ローヘイ!」 そして願い事を大きな声で!

著者撮影

「魚生」の文字通り、鮭のお刺身(高級レストランの場合は鯛のお刺身)が加えられますが、それ以外に大根、人参、キュウリ、生姜など野菜を千切りにしたものに、すり潰したピーナッツ、ゴマと中国のワンタンから作ったクラッカーを食べる直前にサラダ油や胡椒、シナモンやプラムなどで作った甘酸っぱいソースをかけ、それらを混ぜながら食べるのが一般的です。

食材にはそれぞれ意味があり、お刺身は新年は一年を通し良い事に恵まれるように、ポメロ は幸運、胡椒やシナモンなど香辛料は財と呼び込む、サラダ油はお金が100万倍になるように、人参も幸運を呼び込むように、青い野菜は永遠の若さを、白い野菜(大根等)は大きな目標に到達できるように。黄金色に揚げた魚の皮やワンタンは、見た目通りお金を意味します。

 
著者撮影

散らかせば散らかす程ご利益があります

かけ声の「ローヘイ!」とは漁師が網をすくいあげる時のかけ声と言われています。大きな声で「ローヘイ!」と言いながら、食べ物をまき散らすのは日本人には食べ物で遊ぶようで抵抗がありますが、回りの様子を見ながらぜひ挑戦してしてみて下さい。

 
それぞれの食材に意味がある料理ですので、正直すごく美味しいと言うモノでもありませんが、それなりのレストランでいただく「魚生」は美味しくいただけます。この時期にシンガポールにいらしたら、ぜひ金運アップの為に試してみていただきたいと思います。家族や会社関係の集まりで「ローヘイ!」とやっているのを見るのも楽しいです。

 

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム