シンガポール
グルメ
スターバックスリザーブとは

シリーズ第一弾!シンガポールの景色を楽しみながらゆっくり過ごそう! 〜カフェ(初級編)〜

これから何回かシリーズにわたり、シンガポールの景色を楽しみながらゆっくり過ごせるレストランやカフェをお伝えしていきます。今回はシリーズ初回にあたる初級編。

本文を読む


 

シンガポールの景色を丸ごと楽しめる!
Starbucks The Fullerton Waterboat House
(スターバックス フラトンウォーターボートハウス)店

019

 

海外旅行に行った暁には、有名な観光スポットで写真をたくさん撮って帰りたいもの。でも、そこでネックになるのは、観光地はやはりいつも混雑しているということ。「混んでても外せないスポットだから絶対写真とるぞ!でもなるべくならゆっくり自分だけで撮影したい!」など観光地ならではの葛藤は皆さんも経験済みのことと思います。極力人が少ない状態でゆっくりと観光名所を独り占めしたい、そんな人におすすめなのが、「Starbucks The Fullerton Waterboat House(フラトンウォーターボートハウス)店」。

021

 

今回の初級編に選んだ理由は・・・

(1) 有名な地元の人気カフェにも入りたいけど、さっぱり土地勘がない!初心者にもわかりやすい場所がいがいい!

(2) 慣れない場所での観光。疲れもピークで混んでいるのはもう嫌!観光地に近い場所に居ながらゆっくり過ごしたい!

(3) 英語がよくわからないけど、ここならならオーダーできる!!

(4) どうせなら寛ぎながらお土産も探したい!

贅沢な条件のもと選ばせていただきました。もちろん、旅行者には嬉しいフリーWi-Fiです。

 

さらにこちらの店舗の特徴は・・・

(1) 何と言ってもスターバックスリザーブと言って世界のスターバックスの中でも限定店舗のみで取り扱っている洗練された希少性の高いコーヒー豆を注文ごとに挽いている貴重な店舗!!

043

 

(2) シンガポール島内計110店舗以上ある中で、100店舗目を記念して作られた店舗!!

020

 

(3) この店舗限定のタンブラーなどのお土産商品あり!!

023

 

(4) 1919年に建築され、以前は大型船に飲料水を提供する場所だった歴史的建物。少し前までフランス料理のレストランとして使われていたフロアを改装!!
046

 

日本でも言わずと知れたスターバックスではありますが、プレミアム感たっぷりの店舗になっています。スターバックス好きの方にはたまらないと思いますし、なるべく秘密にしておきたいとっておきの場所になるはず。

 
では、詳しく見ていきましょう。

場所は、マーライオンパークの近くで、道を挟んですぐの場所にFullerton Hotelがあります。

015

 

実はマーライオンパークの目の前にもスターバックスはありますが、今回の店舗はそこからわずか徒歩5分弱の距離。

017

 

Waterboat House店に入ってまず感じることは、他の店舗よりも広々としているということ。

031

 

しかもあまり混雑はしておらず、比較的ゆっくり過ごせます。

032

037

 

店内からの眺めは、シンガポールのシンボルでもあるマリーナベイサンズはもちろん、シンガポールフライヤー、アートミュージアム、シンガポールリバー、エスプラネードなど数多く見渡せ、シンガポールを凝縮した景色が一挙に楽しめます。

033

036

040

マーライオンは店内から見えませんが、歩けばすぐ!

 

店内の壁にはシンガポールを象徴する絵などが直接描かれていたり飾られています。

022

 

限定マグカップやドネーションタンブラーをお買い物するのはいかが?

こちらでしか手に入らない限定マグカップ。

026

まさに店内からの眺めと同じシンボルが描かれていて、スターバックスのロゴ入り。大きめのカップになっています。22.90ドル(日本円2,030円)

 

またこちらは限定ドネーションタンブラー。

027

購入金額21.90ドル(日本円1,942円)のうち5ドル(日本円443円)が自閉症の人たちの職業開発能力をサポートする資金として島内にあるAutism Resource Centerに募金されるようになっています。

029

シンガポールでありながら、馴染みの入りやすいスターバックスで、ゆっくりとシンガポールをご堪能ください。

 
※限定グッズは、時期によりデザイン、商品内容等変わる可能性があります
※日本円表記は、2015年4月10日の為替レートに準じます。

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム