シンガポール
グルメ
胃袋喝采!ローカル飯~シンガポール編~

出汁のパンチ力!ココの「蝦麺」が、いいんです!


©TRIPPING!  珍宝虾面

旅の満足度は、食に左右される……。
そんな信念を持つ編集部DKがレポートする「胃袋喝采!ローカル飯」。

今回紹介するのは、シンガポーリアンの会社員やOL、駐在員でほぼ毎日満席状態。蝦麺(プロウンミ―)の名店 『Blanco Court Prawn Mee 』

本文を読む


 

行列でも恐れず並ぶべし!

外観
©TRIPPING!

お店があるのは、シンガポールのBugis(ブギス)駅。

ランチ時間に訪問すれば、レジに並ぶ人の行列を目にするだろう。
がしかし、このお店で長居する人は稀なので、待っても10分ちょっと。「並ぶべし」だ。

 

DKポイント!!「こんな方にオススメ」


・ローカルが並ぶ店に行きたい
・安い!早い!うまい!店に行きたい
・エビが大好き!という方
・ローカルフードが食べたい

正直、エビや海鮮系は苦手という人は行ってはならない店だが、エビ好きにはたまらないはず。行く価値あり、並ぶ価値ありだ。

今回、行列ができるランチタイム前に訪れたので、このお店のシステムを店員さんから教えて貰えた。

 
因みに、何度も言うが……

外観2
©TRIPPING!

あっという間に、

外観
©TRIPPING!

こんな具合……。

 

お店のルール

1. 席を確保
(シンガポールで場所取りは「おしぼり」が普通だが、ノートでも良しw)

席取り
©TRIPPING!

2. 確保した席の座席番号を覚えておく

3. レジに並ぶ

店内
©TRIPPING!

4. メニューを注文
メニューは全部で8種。今回編集部スタッフが注文したのがこちら。

メインの具材がエビのみの珍宝虾面(S:8.8S$)。
©TRIPPING!

エビと豚のスペアリブが入った、虾排骨面(S:4.8S$)。

5. サイズを伝える
店内メニュー
©TRIPPING!

6. 麺を選ぶ
卵麺、米麺と選ぶことができる。(個人的には黄色の卵麺がオススメ)

7. スープの有無を伝える
汁なし(ドライ)も選択可能だが、最初はスープありで注文を!

8. 席番号を伝える
だから席番号を覚えて置く必要がある。

©TRIPPING!

エビの出汁が効いたスープは生臭さは一切なし。麺がスープに絡み、食が進む。プリプリのエビも食べ応え十分。それでいてサラリとした味わいなので、小腹が空いた際に立寄るのもあり!

ちなみに、レジの横には、揚げ物をメインとしたおかずが並ぶコーナーも。

トッピング
©TRIPPING!

美味しい麺料理をシンガポールで食べるなら候補にいれたい1軒だ。シンガポーリアンに混ざって、食堂で蝦麺をすすってみてはいかがだろうか。

 
初回投稿日:2015年11月5日
更新日:2018年1月19日(写真追加、料理説明追加)

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム