TRIPPING! トップ × ASEAN × フィリピン × セブ × フィリピン・ドゥマゲッティ南沖の「ダーウィン」がすごい! 
Loading
2017.10.4 12:37
古関 千恵子:ビーチライター
この著者の記事 フィリピンダイビング 東南アジアダイビング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒字にオレンジのドット模様がかわいいクマドリカエルアンコウの幼魚   撮影/原田雅章

世界中の海を潜り歩いてきているマリンダイビング誌の水中カメラマン原田雅章さん、通称“はらだま”さんにして、「なんか見たこともない魚が結構いたんだよね」と、オドロキの感想をもらした、セブ・ビサヤ諸島エリアの「ダーウィン」。

本文を読む


 
場所はセブ島の南に位置するドゥマゲッティ(ネグロス島)のさらに南。“第2、第3のレンベ!”と、マクロ好きの欧米ダイバーの間でウワサが持ちきりになっていたスポットながら、これまで拠点がなくドゥマゲッティから船で行く方法がもっぱらでした。それが近年、ダーウィンにも続々とダイブリゾートがオープン。さらに、世界中のいい海へのダイブツアーを企画している<ユーツアーサービス>が、ダーウィン滞在のプランをスタートさせました! 他のフィリピンに比べやや難度が高いアクセスも、日本からドゥマゲッティ(またはセブ)へのフライト、空港-リゾート間の移動もまとめてパッケージにしてあるので、楽ちんです。

クリクリまなこのシリウスベニハゼ   撮影/原田雅章

ダーウィンはリゾートの目の前にハウスリーフ(海岸線が長いので、いくつものダイブスポットに分かれている)があり、手軽に楽しめるのが魅力。どのハウスリーフも水中地形の造りは似ています。エントリーすると、浅瀬に海藻地帯が広がる中に根が点在、沖に向かうにつれ、砂地がスロープ状にゆっくりと落ちてゆく。いかにも、いろいろな生物が隠れていそう。

実際、水面下ではクマドリカエルアンコウの幼魚やハーレクインシュリンプ、トウアカクマノミのコロニーなど、レアキャラが続出。さらに和名がない魚や生物、生物図鑑にのっていないものを見かけることも。

アポ島のロックポイント・ウエストにて。ギンガメアジと並び、ウミガメも定番メンバー   撮影/原田雅章

また、セブ・ビサヤ諸島エリア最大のダイビングスポット、アポ島へもスピードボートで30分前後。ギンガメアジの壁や美しいサンゴ礁の見どころも押さえているのです。

ダイブガイドとして長年経験を積んだオーナーの夢が結実したアズーレダイブリゾート   撮影/原田雅章

おすすめのステイ先は<アズーレダイブリゾート>は海に向かって施設が開ける、開放感たっぷりのスタイリッシュなリゾート。静寂に包まれ、落ち着いた雰囲気です。

アズーレダイブリゾートのスーペリアデラックスツイン。大荷物でもゆったり使える広さをキープ   撮影/原田雅章

 
■レベル
砂地エリアでは巻き上げに注意。中性浮力のスキルが必要

■ダイビングスタイル
ハウスリーフではビーチエントリー。ボートダイブでアポ島へも

■ダイビングシーズン
通年ダイビングOK。3~6月は海況が穏やかでアポ島への遠征もベストなシーズン。4~10月は水温25~30度で温かいが、11~3月は水温25度を切ることも

 

情報、画像提供 : マリンダイビング

日本で最初に創刊されたスクーバダイビングの専門誌『マリンダイビング』(毎月10日発売)。アジアをはじめ、国内外のダイビングエリア紹介、海辺の生き物、ダイビングスクールガイドのさまざまな情報を盛り込んでいます。これからダイビングを始めたいと思っている人はもちろん、すでにダイビングを楽しんでいるダイバーの皆さんや、ダイビングに関わるすべての方々に向けた雑誌です。女性向けの姉妹誌『La SCUBA』も要チェック!
http://www.marinediving.com/

 
水中の楽園 〜Diving in ASIA〜 supported by マリンダイビング
その他記事を読む>

地図・詳細はこちら

ダーウィン

mapボタン

  • セブの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう

熱帯写真家フォトエッセイ

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう
セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!

美しいサンゴの園はアジア随一

セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!
バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん

週末は早起きして朝市へ

バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん
プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー

フィリピン旅行を愉しむスペシャルプラン

プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー
【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!

LCC初のシンガポール直行便へ搭乗

【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu