マレーシア
観光
クアラルンプールから車で30分程!

マレーシア森林研究所で熱帯雨林を散策しよう!

image

マレーシアというと、野生のオランウータンが生息するジャングル…というとイメージがある方も多いのではないでしょうか。実は私も住む前は、一体これからどんなジャングルに住むのだろう…と思っていました。

実際、首都であるクアラルンプール(以下、KL)は高層ビルが立ち並ぶ大都市ですが、中心部から少し離れると熱帯の自然に触れられる場所が沢山あるんです。近代的な大都市と熱帯の自然、その両方を楽しめるのがクアラルンプールの魅力なのです。

本文を読む


 

マレーシア森林研究所(FRIM)

image

今回ご紹介するのは、KL中心部から30分程の場所にあるマレーシア森林研究所(以下、FRIM)。ここは熱帯雨林の研究施設を含む自然公園で、園内ではサイクリングやトレッキングを楽しむことが出来ます。

image

 

熱帯雨林を歩くトレッキングコースに挑戦!

image

image

今回は、森の中に作られた吊り橋「キャノピーウォークウェイ」を渡るトレッキングコースに挑戦。熱帯雨林の中を歩いてみると、野生のサルやトカゲ、蝶々に出会う事が出来ました。

 

キャノピーウォークウェイからの景色は圧巻!

image

image

山道を30分〜1時間程歩くと現れる「キャノピーウォークウェイ」。地上30mの高さで作られた吊り橋はスリル満点!熱帯雨林の研究用に作られたものだそうで、橋の上から見る熱帯雨林の大海原は圧巻です。遠くには、クアラルンプールの街並みを見る事が出来ます。

image

キャノピーウォークウェイを渡るには、事前にインフォメーションセンターでチケットを買う必要があるので、ご注意下さいね。

トレッキングコースは、傾斜の急な坂道や階段、滝の脇を通る滑りやすい道も多いので、スニーカー&リュックなど動きやすい服装で登ることをお勧めします。それとたっぷりの水分もお忘れなく。

image山の麓にあるピクニックエリアでは、沢山のローカルファミリーがキャンプや水遊びを楽しんでいて、マレーシア人の憩いの場となっていました。

KL近郊で手軽に大自然を肌で感じることの出来る場所、FRIM。高層ビルが立ち並ぶKL中心部とは全く雰囲気が異なるので、比較してみるのも面白いかも。

 
マレーシアの様々な魅力を知ると、旅がより楽しくなる事間違いなしですよ♪

 
ちなみに旅行者の方は、KL中心部からタクシーで行くのがオススメです!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム