TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × バリ × 地産地消を掲げる、バリ島のおしゃれデリ「ロカヴォール・トゥー・ゴー」
Loading
2017.6.13 23:27
この著者の記事 バリ島カフェ バリ島レストラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

ウブドで今もっとも話題のレストランといえば、「ロカヴォール(Locavore)」。バリ島産の食材にこだわった、見目麗しいモダン・キュイジーヌを提供し、2017年度の「アジアのベストレストラン50」にも選ばれている。

本文を読む


 
ただし、人気店のため、予約が取りづらく、またお値段もなかなかで、ちょっぴりハードルが高かったりもする。その「ロカヴォール」の味が気軽に楽しめるのが、「ロカヴォール」の対面(といめん)に位置する、デリカテッセン部門「ロカヴォール・トゥー・ゴー(Locavore To Go)」だ。

著者撮影

「ロカヴォール・トゥー・ゴー」では、自家製のパンや調味料、厳選の食材を使った、メニューを提供。フォカッチャやプルドポーク(焼いた豚肩肉をほぐしたもの)のサンドイッチ、クリスピーチキンバーガーなど、さまざまなメニューがラインナップしているが、スタッフが「いちばんのおすすめ」と太鼓判を押すのが、「バーガー・ア・ラ・レイ」(Rp.128,000)だ。

著者撮影

ブリオッシュのバンズに、ローカルの和牛ビーフパテを自家製のベーコン、ケチャップ、ローカルのチェダーチーズなどをはさんだ、「ロカヴォール」の哲学を体現したかのような、極上バーガーには、しゃきしゃきのレタスがたっぷり。ズッキーニのピクルスも良いアクセントとなっている。

なお、8時30分から11時には朝食メニューを提供。エッグベネディクトやワッフル目当てに、ホテルの朝食をスキップして足を運ぶ旅行者も多いそう。

著者撮影

また、店の奥では、自家製のパストラミやソーセージ、ピクルス、ジャムなども販売している。いずれも食材、製法にとことんこだわったものばかり。ホテルに持ち帰ってビールとともにいただいたり、お土産にするのもおすすめだ。

 
(text : Aya Hasegawa)

 
Locavore To Go(ロカヴォール・トゥー・ゴー)
・営業時間:11:00~18:00
・住所:10 3/4 Jalan Dewi Sita, Ubud, Bali
・電話:(+62)361-9080757
・HP:http://www.locavore.co.id/togo

地図・詳細はこちら

Locavore To Go(ロカヴォール・トゥー・ゴー)

URL:http://www.locavore.co.id/togo
営業時間:11:00~18:00
電話番号:(+62)361-9080757
住所:10 3/4 Jalan Dewi Sita, Ubud, Bali

mapボタン

  • バリの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう

熱帯写真家フォトエッセイ

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう
セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!

美しいサンゴの園はアジア随一

セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!
バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん

週末は早起きして朝市へ

バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん
プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー

フィリピン旅行を愉しむスペシャルプラン

プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー
【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!

LCC初のシンガポール直行便へ搭乗

【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu