カンボジア
観光
森の中に佇む閑静な遺跡

カンボジアで3つ目!「サンボー・プレイ・クック」が世界遺産に登録

photo:世界遺産イェーイ!

2017年7月8日、ポーランドのクラクフで開催されたユネスコの世界遺産委員会は、カンボジアの「サンボー・プレイ・クックの寺院地区:古代イシャナプラの考古遺跡(Temple Zone of Sambor Prei Kuk, Archaeological Site of Ancient Ishanapura)」を世界遺産に登録することを発表!アンコールの遺跡群、プレア・ビヒア寺院に続いて、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生した。

本文を読む


 

サンボー・プレイ・クックとは?

巨木が絡みつく祀堂 photo:世界遺産イェーイ!

「サンボー・プレイ・クック」は、アンコールの遺跡群が誕生する前の時代、7世紀頃、チェンラ王国の都・イシャナプラに作られた寺院群。森の中に25㎢と広範囲にわたって、れんがで造られた遺跡が点在している。

photo:世界遺産イェーイ!

クメール語で「豊かな森の中にある寺院」を意味する「サンボー・プレイ・クック」。その名の通りうっそうとしたジャングルの中に、光を浴びてひっそりと佇んでいる遺跡だ。

 

八角形の祠堂と空中宮殿

八角形の祠堂 photo:世界遺産イェーイ!

八角形の祠堂や、空中宮殿の繊細な彫刻などはアンコール遺跡群では見られないものが多く、サンボー様式と呼ばれている。このサンボー様式が、アンコール・ワットに代表されるクメール様式の礎となった。

空中宮殿 photo:世界遺産イェーイ!

 

プノンペンとシェムリアップの中間にある遺跡

気になるアクセスだが、アンコール・ワットがあるシェムリアップ中心地から、車で約4時間。少々遠く思えるが、プノンペンとシェムリアップの中間地点にあるので、プノンペンからシェムリアップへ車で移動する途中に訪れることも可能。プノンペンからサンボー・プレイ・クックは車で約4時間。

西洋との交流が感じられる顔の彫刻 photo:世界遺産イェーイ!

アンコール遺跡と比べるとまだ観光客が少ないため、ゆっくりと遺跡を堪能できるのも魅力のひとつ。世界遺産に登録され、今後人気が出ること間違いなしなので、混雑する前にぜひとも訪れたい。

 
■サンボー・プレイ・クックの寺院地区:古代イシャナプラの考古遺跡
(文化遺産)
・登録:2017年
登録基準:「文化交流」、「文明の証拠」、「出来事や宗教、芸術」

 
(text : Kanoko Suzuki)

 
こちらも合わせてCheck!
やっぱりアンコール・ワットは外せません!カンボジアとミャンマーの世界遺産

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム