カンボジア
観光
巨大な遺跡に圧倒されます

やっぱりアンコール・ワットは外せません!カンボジアとミャンマーの世界遺産

Top_01
アンコール・ワットの夜明け   photo:世界遺産イェーイ!

さて、今回は東南アジアの至宝アンコール・ワットを有するカンボジア、そして2014年に国として初めての世界遺産が登録されたミャンマーを取り上げます。

本文を読む


カンボジアには、「アンコールの遺跡群」とタイとの国境近くにある「プレア・ビヒア寺院」の2件の世界遺産があります。ミャンマーの世界遺産は1件で、ミャンマーの先住民ピュー族の繁栄を伝える古代の遺跡が登録されています。

 

アンコールの遺跡群 (文化遺産)

登録基準:「人間がつくった傑作」、「文化交流」、「文明の証拠」、「建築技術」
Bayon_01
アンコール・トムのバイヨン寺院   photo:世界遺産イェーイ!

「アンコールの遺跡群」は、9~15世紀にかけて繁栄したクメール人の王国、アンコール朝の繁栄を伝える都市遺跡で、600を超える遺跡が世界遺産として登録されています。

その中でも最も有名なものがヒンドゥー教の寺院アンコール・ワット!クメール美術の最高傑作と称されており世界中の観光客を魅了しています。そして外せないのが都市遺跡アンコール・トムの中にあるバイヨン寺院!優しいクメールの微笑みをたたえる仏像の四面塔が有名です。

TaProhm_01
木々の生命力を感じる「タ・プローム」   photo:世界遺産イェーイ!

アンコール・ワットはヒンドゥー教、アンコール・トムは仏教(大乗仏教)となっていますが、長い年月でみると両宗教で混在して使われていたようです。このように宗教に対して寛容なのがカンボジア、そして東南アジアの世界遺産の特徴でもあります。

BengMealea_01密林に埋もれたままの姿のベン・メリア   photo:世界遺産イェーイ!

実は私は過去に3回アンコールを訪れているのですが、毎回まわりきれない寺院があって残念な思いをしています。とにかく見どころ満載で時間がいくらあっても足りないのです!

後ほど紹介するカンボジアのもう一つの世界遺産「プレア・ビヒア寺院」に、今後世界遺産に登録されるかもしれないと噂の「ソムボー・プレイ・クック」なども加わり、シェムリアップの日々はますます忙しくなりそうです!

 
・アクセス
現在カンボジアへの直行便はないので、ベトナムのホーチミンかハノイ、タイのバンコク、シンガポール、韓国などを経由することになる。人気のベトナム経由だと日本からホーチミンまで飛行機で約7時間。ホーチミンからシェムリアップまで飛行機で約1時間。

アンコール・ワット、アンコール・トム、タ・プロームなどはシェムリアップ市内からタクシーで約30分前後。ベン・メリアなど郊外の遺跡は市内から約1時間~1時間半。

 

プレア・ビヒア寺院(文化遺産)

登録基準: 「人間がつくった傑作」
Preah_01
photo:ひさほ ゆう

カンボジアで2番目に登録された世界遺産「プレア・ビヒア寺院」は、タイとカンボジアの間にあるダンレック山地の頂上、高さ約600mの崖の上に6世紀頃に建てられたヒンドゥー教の寺院です。

Preah_02
photo:ひさほ ゆう

5つの塔門が800mに渡って一直前上に配置されています。山頂へ向けて階段を登りながら観光して行きます。登るのは大変ですが、山頂からは素晴らしい絶景が見られますよ!

Preah_03
photo:ひさほ ゆう

長年カンボジアとタイとの領有権問題で緊張状態が続いていましたが、近年少しずつ緊張が和らいできています。シェムリアップから日帰りもできるので、アンコール遺跡とはまた違ったヒンドゥーの秘境な遺跡の観光もいかがでしょうか!アンコール遺跡群のひとつ「ベン・メリア」と「プレア・ビヒア寺院」を一緒にまわる日帰りのツアーもあります。事前に情勢の確認は忘れないようにしましょう!

 
・アクセス
シェムリアップからプレア・ビヒア寺院まで車で片道3時間~4時間。シェムリアップの現地旅行代理店などでツアーに申し込むと、シェムリアップのホテルへの送迎もついて便利。

 

ピュー族の古代都市群(文化遺産)

登録基準: 「文化交流」、「文明の証拠」、「建築技術」
14mm-41-17
スリ・クシュトラにある「ボーボーヂー・パヤー」   ©ASEAN-Japan Centre

ミャンマー中部にある「ピュー族の古代都市群」は紀元前200年頃から9世紀にかけて1,000年以上栄えたピュー王国の遺跡です。「スリ・クシュトラ」、「ベイタノー」、「ハリン」の3つの都市遺跡が世界遺産として登録されています。いずれもレンガ造りの城塞の中に王朝の宮殿後やストゥーパ(仏塔)などが残されており、約2,000年前に東南アジアに仏教が伝来したことを示す貴重な遺跡です!

ミャンマーにはピュー族の遺跡以外にもゴールデンロックや、バガンの寺院など魅力的な観光地が満載です!現在成田からヤンゴンまで毎日直行便(約8時間)が飛んでいて実はアクセス良好な国ミャンマー。またタイのバンコクからヤンゴンまでは1時間20分と近いので、LCCなどを利用して安く行くこともできますよ!

 
・アクセス
成田からヤンゴンまで直行便で約8時間。それぞれの遺跡への行き方は以下の通りです。

-スリ・クシュトラ
ヤンゴンからピイまで列車やバスで約6時間~7時間。ピイからタクシーなどで約30分。

-ベイタノー
ネーピードーからタクシーをチャーターして片道約3時間30分。

-ハリン
マンダレーからシュエボーまでバスで約3時間。シュエボーからバイクタクシーなどで約1時間。

 
※記事中の情報は、全て2016年1月現在のものです。

(参考文献:『すべてがわかる 世界遺産大事典 <上・下> 世界遺産検定公式テキスト』、『きほんを知る世界遺産44 世界遺産検定4級公式テキスト』、『地球の歩き方』、『るるぶ』】

 
4年間世界遺産巡りの旅をした夫婦「世界遺産イェーイ!」のコラム
その他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム