ベトナム
ホテル/宿泊
気楽な旅スタイルが定評

女子旅に人気!ダナンで泊まりたいオールスパインクルーシブのリゾート

©Fusion Maia Da Nang Resort

人気継続中のベトナム・ダナン。中でも女子旅の支持率が高いリゾートが、フュージョンマイア。ミーケービーチに面した海辺のヴィラ、しかも全室プライベートプール付きです。

本文を読む


 

プールサイドのダイニング。海からの風が届きます   著者撮影

女子に人気の理由は、スタイリッシュだけれども、肩の力を抜いてくつろげるところでしょう。建築家ヴォ・チョン・ギア氏によるデザインは、“ハーモニーカラー”という調和の美しい色を組み合わせ、すっきりとしたラインが印象的。重厚感ではなく、テンションの上がるエレガントさを感じます。

カクテルやタパス料理をサーブするトニックラウンジバー。淡く移ろう色彩が女心をギュッとつかみます   著者撮影

フレッシュプールサイドダイニングでは名前のとおり、新鮮な食材のみを使用   著者撮影

ユニークなのは「朝食は食べたい時に、食べたい場所で」。レストランでも、お部屋でも、ビーチでも、朝ごはんをセットしてもらえます。のんびりと寝坊しても大丈夫、気持ちよく一日が始められそうですね。

メインのインフィニティプール。朝食をプールサイドにセットするのはいかが?   著者撮影

 

気になるオールスパインクルーシブについて詳しく

トリートメントルームは22室。屋外にバスタブもあります   著者撮影

フュージョンマイアを一躍有名にしたのが“オールスパインクルーシブ”というシステム。つまり、追加代金なしでスパが楽しめます。「でも、なかなか予約が入れづらいのでは?」という声に対し、1日につき最低でも2つのトリートメントやネイルなどの施術が受けられるシステムになっています。

別棟のスパ。日本人スタッフもいるので、言葉の壁を感じることなく、スパ三昧できます   著者撮影

スパがあるのは、木々に包まれたトロピカルガーデンの一角。スパ専用のプールにしつらえた滝の音だけが響く、静けさに満ちた環境です。トリートメントルーム22室、フットバスやネイルなどのビューティーサロンが2室、スチームルーム&サウナ2室、ウェルネススタジオ、屋外のヨガデッキ、スパブティックなどが揃っています。スパのレセプションには日本人スタッフもスタンバイしているので、メニュー選びなどで困ったら、相談にものってくれます。

かわいいベトナム雑貨を扱うブティック   著者撮影

スパでは、「7デイリー・プラクティス・フォー・ナチュラル・リビング」と題して、日替わりでメニューを提案。「自由を感じて」、「自然を感じて」などをテーマに、幸福なライフスタイルのための最適なメソッドを考案したもの。呼吸法やヨガ、太極拳、今注目のマインドフルネスなどのエクササイズも用意されています。

スパでは7つのコンセプトを日替わりで   著者撮影

シグネチャートリートメントは3種類あり、すべてレイキを駆使した手で癒されるもの。ネイルやペディキュアも人気です。また、アフタヌーンティーを穏やかな気が流れるスパでいただくのも一案でしょう。

フットバスやネイルを行うビューティーサロン   著者撮影

スパは16歳以上の大人オンリー。キッズクラブの「ミニマイア」なら、子供でもフットマッサージやマニキュア、ペディキュアなど、大人気分を味わうことができます。

スパ専用の滝をしつらえたプール。16歳以上の大人のみなので、静かに過ごせます   著者撮影

 

広さ100平方メートル以上、すべてプライベートプール付きのヴィラ

プールヴィラのガーデンには、プールと屋外リビングがあります   著者撮影

淡いライラックと白を基調にしたカラーリングのゲストルームは、3タイプ87室。1ベッドルームのプールヴィラが80室と最も多く、標準クラスながら、広さは96平方メートル。リビング、ベッドルーム、バスルームが、プールを置くガーデンをL字型に囲むようなレイアウトになっています。

1ベッドルームのプールヴィラ。ゆったりとした間取り   著者撮影

大きめのバスタブは大理石。ウエディングやハネムーンなどアニバーサリーならば、花びらを浮かべたフラワーバスを無料でアレンジするサービスも。ダブルベッドが基本ですが、ツインにも対応してくれます。

外光が降り注ぐバスルーム。バスタブに浸かりながら、ガーデンの緑が愛でられます   著者撮影

他にスパの近くに位置するスパヴィラは2ベッドルームで広さ212平方メートル。3ベッドルームのビーチヴィラは403平方メートルもあり、まるで邸宅のよう。どの客室も無料Wi-Fi。スパヴィラとビーチヴィラにはキッチン付きです。

 

ホイアンの街歩きに疲れたら「フュージョンカフェホイアン」へ

世界遺産の古都ホイアンへ、無料シャトルバスが1日4往復。リゾートへ戻る最終便は21:30なので、ディナーへ出かけることもできます。ホイアンにはトゥボン川沿いにカフェ「フュージョンカフェホイアン」があり、ひと休みするのに格好の場です。

フュージョンマイア・ダナン
・HP:http://maiadanang.fusion-resorts.com/jp/homepage/
・日本での問い合わせ先/nk8(TEL03-6806-6204)   http://www.nk8web.com/

 
【取材協力】
ベトナム航空
https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/

 
(text & photo : 古関 千恵子)

 
ビーチ&リゾートコラム「アジアンビーチ☆マニア」
その他の記事はこちら>

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム