タイ
グルメ

チェンマイ料理の名店で食す薬膳ハーブサラダ

yam-samonplai

旅の大きな楽しみ!地方ごとの名物料理を食べてみる

タイは縦に長い領土をしているので、タイ料理と言えど北部と南部ではかなりお料理が違います。

ここ「ぺット・ドイ・ガーン」は、チェンマイ料理の名店。

いつも口の肥えたタイ人でにぎわっています。

お料理を頼むと、まずはどーんと薬草がかご盛で供されますよ。

ミントやタイバジルなど見覚えのあるハーブからドクダミや生のインゲンなど食べ慣れないものなどいろんな種類が入っています。

香りや味を足すだけでなく、デトックスやお腹の調子を整えるものなどありますので、お料理が来るまでの間これらをかじったりしながら待つのもいいと思います。(大抵のものが苦いんですけど・笑)herbs

このお店で食べてもらいたいナンバー1は、写真一番上の「生ハーブのサラダ(ヤム・サモーンプライ)」です。

フレッシュの白ウコンをメインに、コブミカン葉、赤玉ねぎ、ニンニク、生姜、ゴマ、エゴマ、タイレモン、干し海老などなどが和えられています。

これを食べた次の日はいつも身体が軽くなります。薬効の高い人気メニューです。

gen-hanley

こちらは、ゲーン・ハンレーというタイ北部風豚のカレー煮込みのようなもの。

辛くないので、いわゆるタイカレーに飽きてしまった方には特にお薦めですし、これまでにチェンマイへ遊びに来た日本人のほとんどが、とっても喜ぶメニューのひとつです。

nam-prik-ong

こちらは、ナムプリック・オンと言います。

トマトと豚、それから発酵させた豆を隠し味に作られたディップです。

チェンマイ人はこのディップ(ナムプリック)の類が大好きで、青唐辛子のナムプリック、干し魚のナムプリック、蟹のナムプリックなど多種多様のディップが存在します。生や茹でた野菜につけて食べたり、もち米と一緒に食べたりしますよ。
旅の途中、野菜不足を感じたらナムプリックを頼むといいですよ。たっぷりの温野菜が付いてきます。

tom-sep-moo

これは、タイ北部料理ですがどちらかというと東北部料理。

トム・セーップ・ムー(豚の内臓とハーブのスープ)。

目が覚めるような酸味と辛さ、それに丁寧に調理された豚のモツ類がたっぷりと入ったスープです。

ped-doi-kan  

美味しいチェンマイ料理を是非チェンマイで楽しんで下さいませ。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム