TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ
Loading
2017.7.9 02:02
白石路以:タイ料理ライター
この著者の記事 タイ料理 バンコクタイ料理 バンコクローカル人気店 バンコク食堂&屋台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

タイ国民に愛されるイサーン(タイ東北部)料理。ソムタム(青パパイヤのサラダ)やラープ(ひき肉のハーブ和え)などさまざまな代表メニューがある中で、店ごとの個性が強く感じられる料理のひとつがガイヤーン(チキンのグリル)です。肉質はもちろん、下味からタレまでそれぞれに個性的なガイヤーンの中から、地元の人たちに愛されている2軒をピックアップ。日本人にはまだあまり知られていない、知る人ぞ知る名店をご紹介します!

本文を読む


 

あっという間に満席!
一度は食べたい絶品パリパリ皮のガイヤーン

Raan Kaiyaang Nangkorb Pakaew
(ラーン ガイヤーン ナンクロープ パーゲーオ)

途切れることなく入る注文に対応するため、キッチンも大忙し  著者撮影

「我こそは正真正銘のガイヤーン好き!」という方がいたら、ぜひ訪れてほしいのがこちら。タイの雑誌やテレビなどでも紹介されているので、ご近所には知らない人がいないほどの有名店。専用駐車場もあるほどの広い店内も12時前には満席となり、店の前には行列ができることもしばしばです。

ガイヤーン ナンクロープ 70バーツ。写真だけでも伝わる、皮のパリパリ感!  著者撮影

日本語に訳すと『ゲーオおばさんのパリパリ皮のガイヤーン』という店名の通り、皮が驚くほどにクリスピー! そしてパリッパリで香ばしい皮の下にある肉はとっても柔らか。程よく身がしまり旨みが凝縮されているのに脂っこさは一切なく、最初のひと口から最後まで、ずっと「おいしい!」が続くまさに絶品ガイヤーンです。

左:ソムタムタイ 40バーツ。右:ラープウンセン 60バーツ  著者撮影

パリパリ食感が絶妙なソムタムや、辛さと酸味のバランスが程よい春雨のラープなど、ガイヤーン以外のイサーン料理も充実。バンコクのイサーン料理食堂の多くは1皿のボリュームが控えめなので、いろいろ食べ比べられて楽しいですよ!

12時前には混みはじめるので、11時前後に行くのがおすすめ  著者撮影

もちろん個人的な好みではあるのですが、ここ10年ほど自分の中ではここが不動のNo.1ガイヤーンの店。ですが、ひとつだけ難があるとすれば、そのロケーションです。スワンナプーム空港のちょっと先、とバンコク中心部から行くとかなり距離があるので、「それでも食べたい!」という気合いの入った方はぜひ! 飛行機の発着時間次第では、空港の行き帰りに寄るのもいいかもしれません。

Raan Kaiyaang Nangkorb Pakaew
(ラーン ガイヤーン ナンクロープ パーゲーオ)

・住所:223/1-2 M.1 Lat Krabang Rd, Bangkok
・電話:(+66)2-326-6559 / (+66)81-243-6509
・時間:8:30-16:30 ※無休

 

古き良きイサーン食堂で
弾力ある地鶏の旨みを堪能!

Lert Rot Kaiyaang
(ルートロット ガイヤーン)

店先でこんがり焼かれたガイヤーン  著者撮影

「もう少し近場で……」という方は、BTSでもアクセスできる場所にありながら、外国人客は少なくローカルに人気の『ルートロット ガイヤーン』へ。高級住宅街エリアにあり、古くからファミリーで通う常連も多い老舗イサーン食堂のひとつです。

ガイヤーン1羽 200バーツ(写真)。半羽は100バーツ  著者撮影

店頭の焼き台で香ばしい香りを漂わせているガイヤーンが、店の看板メニュー。厳選されたガイバーン(地鶏)にしっかりと下味をつけ時間をかけてゆっくり焼き上げるため、ぎゅっと弾力のある引き締まった味わいに。ブロイラーの柔らかなガイヤーンとはひと味違う、鶏本来の旨味を堪能できる仕上がりで、これ目当てに通うタイ人が多いというのも納得のひと品です。

右から時計回りにヤムパックブントートクロープ 90バーツ、ラープムー70バーツ、ソムタムタイ50バーツ  著者撮影

ガイヤーンと並んで人気なのが、ソムタム。パパイヤの食感をしっかり残した歯応えと、マナオの酸味が際立つすっきりとした味わいが印象的。ラープや揚げた空芯菜のサラダも家庭的なおいしさです。オーナー姉妹やスタッフもとてもフレンドリーで、バンコク滞在中何度でも訪れたくなる温かみのある雰囲気も魅力です。

ローカル感たっぷりの素朴なイサーン食堂。  著者撮影

Lert Rot Kaiyaang
(ルートロット ガイヤーン)

・住所:76 Soi Aree Samphan,Rama 6 Rd., Bangkok
・電話:(+66)2-279-6675
・時間:10:00-15:00 ※無休

 
(text & photo : 白石路以)

 
タイ料理ライターイチオシ! バンコク絶品食堂案内
その他の記事はこちら>

  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

女子旅に人気!ダナンで泊まりたいオールスパインクルーシブのリゾート

気楽な旅スタイルが定評

女子旅に人気!ダナンで泊まりたいオールスパインクルーシブのリゾート
気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店

1人旅の食事におすすめ!

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店
マレーシアの歴史を世界遺産で追う

東洋と西洋の融合!多民族国家マレーシア

マレーシアの歴史を世界遺産で追う
チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開

古都を巡る男旅!

チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開
シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!

最旬ショップエリアへ

シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu