タイ
ショッピング
一生モノの逸品を探して

タイ伝統工芸品の最高級アイテムが並ぶ「OTOPヘリテージ」

豊かな自然に恵まれたタイでは、自然由来の素材から作られた、地方の特産品がお土産に人気!中でも、タイ政府がすすめる“一村一品運動”の製品「OTOP(オートップ)」は、品質の良さで知られている。現在、全国76県7,000以上の村が登録し、1村につき1種類の主要製品を作っている。

本文を読む


 
もともと、タイの各地方では独自に特産品が作られていたが、共通の規程がなく、品質に大きな差があった。そこで2001年に政府が立ち上げたのがOTOPプロジェクト。現在では、政府によって品質管理された特産品は「OTOP」と認定され、店舗に並んでいる。

 

最高級のアイテムが並ぶ「OTOPヘリテージ」

©TRIPPING!

OTOP製品の中でも、最高級の品質を誇る逸品が揃うのが今回ご紹介する「OTOPへリーテージ」だ。BTSプルンチット駅直結の高級デパート「セントラルエンバシー」の4階にある店舗は、一面ガラス張りのラグジュアリーな空間。煌びやかな製品の数々に魅了される。

 

憧れのバッグ「リーパオ」

©TRIPPING!

中でも、憧れの逸品が、タイ南部で職人の手によって丁寧に作られるハンドバッグ「リーパオ」。熱帯雨林に自生するシダ系ツル植物を編み上げた高級品だ。繊細な編み目は光沢があり、ゴールドの金具と相まってエレガントな雰囲気を演出してくれる。パーティーバッグとしても活躍してくれそうな、ファッショナブルなアイテムだ。

©TRIPPING!

 

農作物をモチーフにしたシルバーアクセサリー

©TRIPPING!

ショーケースの中で、一際目を引いたのが、唐辛子やレンコン、米粒、木の葉をモチーフにしたシルバーアクセサリー。控えめなマットな光沢感は品がよく、肌馴染みもいい。

©TRIPPING!

 

アユタヤ王朝から受け継がれるベンジャロン焼き

タイ王室御用達の磁器として発展した「ベンジャロン焼き」は、ゴールドで縁取られた美しい模様が描かれた磁器。熟練の職人によるハンドメイド品で、高級品としても知られている。

©TRIPPING!

他にも、チェンマイの特産品の漆器や、プーケット名産の錫製品「ピューター」、熟練の革職人による革製品など、各地方の工芸品が並ぶ「OTOPヘリテージ」。一生大切にしたくなる物ばかりの珠玉のコレクションに魅了されてしまう。
 

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム