タイ
グルメ
バンコクの5つ星ホテルでスウィーツ食べ放題!

「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」でアフタヌーンティーブッフェ


写真提供:アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル

一流ホテルで優雅に楽しむアフタヌーンティーを一度は体験してみたいと思いませんか?ここバンコクでは、日本よりリーズナブルにホテルのアフタヌーンティーが楽しめるんです。

本文を読む


 
今回はバンコクで人気の5つ星ホテル、アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテルのアフタヌーンティーを紹介します。

 

一歩足を踏み入れるとそこは別世界!
「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」


著者撮影

アナンタラグループはタイの有名ホテルチェーンで、プーケット、サムイなどのリゾートを中心に展開していて、高い人気を誇ります。今回うかがった「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」は、バンコクの中心、サイアム駅の隣駅「ラチャダムリ駅」から徒歩2分と便利な場所にあります。

ロビーへと続くエントランスには蓮の浮かぶ池が配されていて、ホテルに入る前から非日常感が。


著者撮影

そしてロビーに足を踏み入れてみると、5つ星ホテルならではの重厚さがありながらもアジアらしいテイストも感じられる素敵な空間が現れました。


著者撮影

ちょうど中国の旧正月の時期だったので、旧正月をイメージした装飾がほどこされています。天井に目をやれば柔らかいピンクと水色を基調とした天井画が。

二階へと続く階段の壁には、タイらしい絵柄の壁画が描かれています。


著者撮影

中庭の方に出てみると、南国の植物が生い茂るトロピカルな雰囲気のお庭があります。ここがバンコク都心だなんて信じられません。


著者撮影

席につくと、流れてきた音楽はピアノの生演奏です。こんな素敵なラウンジでいただくアフタヌーンティーに期待が高まります。


著者撮影

 

何を食べても美味しくてびっくり!
ブッフェ形式のウィークエンドアフタヌーンティー

さて、「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」のロビーラウンジである「ザ・ロビー」のアフタヌーンティーは、平日と週末でメニューが異なります。

平日はオーソドックスな三段トレイのアフタヌーンティーで、850THB++(約3,200円)。


写真提供:アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル

そして土日はブッフェ形式のアフタヌーンティーが950THB++/人(約3,550円)で提供されています。

今回は、ブッフェ形式のウィークエンドアフタヌーンティーをいただきました。アフタヌーンティーの提供開始時間である14時が近づくと、ブッフェの準備が着々と整えられていきます。


著者撮影

可愛らしい一口大のケーキや、スコーン、マカロンなどが美しく並べられています。


著者撮影


著者撮影


著者撮影


著者撮影


著者撮影

著者撮影

これが全部食べ放題なんて!!
スウィーツ以外にも、サンドイッチや食事系のタルトなどが十分に用意されているので、ランチ代わりにもなりそうです。


著者撮影


著者撮影

飲み物はノンアルコールメニューの中から2ドリンクまでオーダーできます。一杯目はCustom-Made Iced Teaの中から、Mango Scented をチョイス。グラスの中にフレッシュマンゴーと紅茶の氷が入っていて、そこに冷たい紅茶を注ぎ入れていただきます。氷まで紅茶でできているから、薄くならずに最後まで美味しくいただけるんです。紅茶とフルーツの香りがマッチして、美味しい!


著者撮影

ホットの紅茶はフランスのマリアージュフレールのものが用意されています。


著者撮影

二杯目はマリアージュフレールのThe Blank Marco Poloを。紅茶ではあるのですが、花のようなフルーツのような良い香りがしました。


著者撮影

この素晴らしいロビーで、美味しい紅茶を楽しみながらスウィーツが食べ放題なんて幸せすぎます。


著者撮影

すべて一口サイズで小さめに作ってあるので、少しずつ色んな種類を食べてみたい方にはピッタリです。どれを口にしても最高に美味しいので、まったく飽きることがありません。特にマカロンは、素材の味や香りがしっかりしながらも一瞬で溶けていく繊細な味わいで、とても美味しかったです。

こちらのブッフェは、アフタヌーンティーの提供時間帯である14時から18時までの間は無制限でいただけます。時間を気にすることなく、ゆっくりと美味しいスウィーツを楽しむことができますよ。

都会のオアシス「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」でのアフタヌーンティー、とてもおすすめです。みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム