タイ
グルメ
夜風に吹かれながら

タイのオープンエアーでシーフードBBQ!

IMG_6936[1]

高級住宅街でもあり、おしゃれなレストランやカフェが密集する街、アーリー。

この街には、ただの路地裏さえもおしゃれに変化させてしまう強者がいる。

本文を読む


 

Summer Street

IMG_6945[1]

アーリー駅からほど近い、アーリーソイ2を入ってすぐの所に置かれた移動販売車。

ここが瞬く間に行列の出来る人気店になったのは、2014年半ばのこと。

IMG_6938[1]

路地に出された簡易テーブルには七輪が置かれ、カゴいっぱいに盛られたシーフードをビールで流し込む若者たちで溢れかえっている。

IMG_6949[1]

並ぶことをしないタイ人を待たせるほどの魅力は何なのか。私も何度となく並ぼうとした。その度に、「今から並んでも、閉店を過ぎてしまいますので・・・」と断られてしまった。

 
安くて旨い!シンプルな方程式

ある土曜日の早い時間。たまたま前を通りかかったら、2組しか待っていないとのこと。やっとのことでありつくことができた。

IMG_69581-680x510

メニューはとってもシンプル。
シーフードセットがS(399バーツ=約1440円),M(599バーツ=約2170円),L(999バーツ=約3615円)とあり、エビやイカなどはそれぞれ単品で追加できるのと、ししゃもや野菜盛りなどオプションメニューが少々あるくらい。

お店側が調理するものはほとんど無いかわり、その価格は高級住宅地アーリーで、簡易テーブルだということを差し引いたとしても、驚く程リーズナブルだ。(私たちは2人でMサイズをオーダーし、お腹がパンパンになった)

IMG_69571-680x510

別途オーダーした野菜焼き。丸のまま出てくるので、テーブルにあるハサミで切ってから載せよう。

IMG_69711-680x510

テーブルにつくとすぐに運ばれてくる七輪とシーフード。エビは驚くほど大きいし、イカもホタテもぷりっぷりだ。ひと目で新鮮だとわかる。

IMG_6955[1]

テーブルには、ナムチムシーフードという、シーフード用のタレと、卓上醤油が置かれていて、好きな方につけていただく。

IMG_6975[1]

お会計をお願いすると、ボールにタイライムを入れて出してくれる。ただ手を洗うだけでは落ちない生臭さも、ライムで洗うとスッキリ。

 
ビールの種類が豊富

酒飲みに嬉しいのが、ビールの種類が豊富なことと、リーズナブルに飲めること。アサヒは大瓶でたったの100バーツ(=約360円)。タイ人に人気のヒューガールデンや日本の常陸野ネストなど、クラフトビールも充実している。仲間とワイワイ飲み比べながら楽しめそうだ。

IMG_6946[1]

ソフトドリンクだと、瓶に入った生搾りのオレンジジュースが人気。

 

早い時間の来店がおすすめ

IMG_69471-680x510

これだけ新鮮なシーフードが安くて旨いなら、是非とも行ってみたい!と思ったあなた。早い時間なら少ない待ち時間で入れることもあるので、18時までを目指して訪れてみよう。

正直ここを知ってしまうと、パタヤやホアヒンまで行かなくってもこんなに美味しいシーフードが食べられるのね!と思うこと間違いなし。

オープンエアーが1年中楽しめるのも、常夏のタイならでは。たまにはビア片手にシーフード、というのも楽しいかも?!

※上記の日本円表記は、2015年1月28日現在の為替レートに準じます。

 

>>バンコクの最新グルメ情報はこちら

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム