タイ
グルメ
ユニークなクラフトビールに注目

バンコク乾季の風物詩といえば「ビアガーデン」

涼しい乾季の風物詩、ビアガーデン

タイは季節が3つあると言われています。1つ目が、暑期と呼ばれるソンクラーン(タイの旧正月前後で4月)のとっても暑い時期。この時期が終わるころに雨季が始まり、雨の多い季節が過ぎた11月から1月までの2か月は、タイで最も過ごしやすいと言われる乾季に入ります。乾季の間は、バンコクでも朝晩25度前後と涼しく雨もほとんど降らないため、野外イベントが充実。その中でも、バンコク旅行中にも気軽に楽しめるバンコク乾季の風物詩となっているのが、ビアガーデンです。

本文を読む


IMG_5190[1]
 
日本だと7-8月までの間で賑わうビアガーデンですが、バンコクは11-12月の期間限定で、ショッピングモールの前広場や屋上などといった敷地に出現します。中でも一番規模が大きいのは、バンコク中心地にあるセントラルワールド前広場に出来るビアガーデン。チャーン(クラフト)、シンハ、チャーン、ハイネケンと4箇所に建てられ、毎夜賑わいを見せています。

 

注目はChang(チャーン)のクラフトビールのビアガーデン

中でも注目度が高いのが、伊勢丹側に建てられているチャーンのビアガーデン。何とこの時期、ここでしか飲むことが出来ないチャーン特製クラフトビールがあるのです!
 
IMG_5187[1]
 
お酒は20歳になってから。入口では厳しいIDチェックが行われます。外国人はパスポートの提示を求められることがあるため、携帯するようにしましょう。
 
IMG_5174[1]

 

チャーンのクラフトビール5種類

-HONEY CREAM(MALT+HOPS+HONEY FLAVOUR)
-LEMONGRASS INFUSION (MALT+HOPS+LEMONGRASS FLAVOUR)
-LEMON LIME(MALT+HOPS+LEMON LIME FRAVOUR)
-HAZY SUMMER BREW(MALT+HOPS+FULL LAGER-MALT)
-DRAUGHT(HOPS+WATER+FULL LAGER-MALT)

価格はそれぞれ、455ml入りグラス100THB(約360円)、1L入りピッチャー200THB(約720円)。

それぞれの味を少しずつ試してみたい!という人のために、5 BeerVariants Set 250THB(約900円)というのも用意されています。
 
IMG_5166[1]
 
今回はHONEY CREAM,LEMON LIME,HAZY SUMMER BREWの3種類を試してみることに。
 
IMG_5170[1]
 
常夏タイのビールの飲み方は、泡なしで氷を入れるのが特徴ですが、クラフトビールに限っては別。職人が入れるクリーミーな泡の乗ったビール、サーブ時に「まずはきめ細やかな泡をお楽しみください。」との素敵な言葉が添えられます。言葉通りのクリーミーな泡と、ハチミツの甘さがマッチし、ビールが苦手な女性もグイグイと飲めてしまいそうな軽い口当たりに仕上がっています。

 

こだわりのおつまみも!

おいしいビールに合うおつまみにも、きちんとこだわりがあるのがチャーン流。今年はタイ版料理の鉄人が4レシピを考案。おつまみでも期待を裏切りません。
 
IMG_5183[1]

 

各ビアガーデンでイベントも開催!

他にも、シンハービアガーデンや、ハイネケンビアガーデン、それぞれバンド演奏が入ったり、大画面でサッカーが中継されていたりと、楽しそう!
 
IMG_5188[1]

IMG_5196[1]
 
日によっては、タイの有名バンドが演奏することも!スケジュールはこちらで確認できます。
 
IMG_5184[1]
 
クリスマスを挟むこの時期は、常夏タイにもクリスマスツリーが飾られます。今年はツリーの周りに1000体ものスヌーピーが!是非ビアガーデンとあわせて訪れたいスポットのひとつです。
 
IMG_5147[1]
 
毎年ビアガーデンは、12月31日まで!

31日はカウントダウンイベントが各地で行われますが、セントラルワールド前も盛り上がること間違いなし!の楽しいイベントになりそうなので、バンコクで年越しを予定している方、是非訪れてみては?

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム