TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × 謎多き、タイ寺院の不思議な乗り物
Loading
2016.2.25 19:26
井上 毅:アジア鉄道ライター 
この著者の記事 アユタヤ カンチャナブリー タイ寺院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CIG_IMG002
著者撮影  窓ガラスの割れたケーブルカー ちょっと心配

仏教への信仰心が厚いタイの人たちにとって寺は身近な存在である。日本で祭りがあるように、タイの寺でも様々な催しが開催され、その寺を廻ることがある種のレジャーとして定着している。

本文を読む


そのようなタイの寺の中でも、不思議な乗り物がある寺を紹介したい。

 

ワット・タム・スワのケーブルカー

ひとつはカンチャナブリ―にあるワット・タム・スワ。タイ語でスワは虎の意味なので、「虎の寺」ということになる。ちなみにカンチャナブリ―には本物のトラを飼っている寺が日本のテレビなどで取り上げられ有名であるが、このワット・タム・スワは別の寺で、トラの像はあるものの本物のトラはいないのでご心配なく。

CIG_IMG001
著者撮影  ワット・タム・スワ  ケーブルカー乗り場

このワット・タム・スワの特長は、ケーブルカーがあること。寺の本堂は小高い山の上にあり、階段を登って行くこともできるが、10バーツ払えばケーブルカーで楽々参拝できる。このケーブルカー、どう見ても観光用のものではなく、鉱山の坑道用のケーブルカーをそのまま利用したと思われるもの。ロープも細く、少し不安な乗り物ではある。

CIG_IMG003
著者撮影  走行中のケーブルカー 右側に増設工事の痕跡が。

切符を買って乗車し、暫くするとケーブルカーを動かしてくれる。日本のケーブルカーのように床が階段状になっていないので、まさに坂を上っている感じである。上りのケーブルカーが動くと同時に別の線路の下りケーブルカーも動き、途中ですれ違う。乗車時間は僅か1~2分、すぐに頂上駅に到着。乗車したケーブルカーの隣には、もう1組、ケーブルカーを建設しようとした痕跡がある。「ケーブルカー1組2台だけでは輸送力が足らないから、もう1組設置しよう」と考えたのか。謎である。

 

  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう

熱帯写真家フォトエッセイ

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう
セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!

美しいサンゴの園はアジア随一

セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!
バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん

週末は早起きして朝市へ

バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん
プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー

フィリピン旅行を愉しむスペシャルプラン

プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー
【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!

LCC初のシンガポール直行便へ搭乗

【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu