TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × 白砂のビーチを求めて!バンコクから日帰りで週末プチアドベンチャー
Loading
2015.12.28 11:30
中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事 タイリゾート タイ離島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smt_01
白砂のビーチが広がるサイケーオ・ビーチ

乾期に入りビーチリゾートもこれからがハイシーズン。ラヨーン沖のサメット島は、バンコクからも近く、都会の喧噪から離れのんびりと週末を過ごすにはピッタリ。

本文を読む


バンコクからはバスやミニバス、船を乗り継いで約4時間。バンコクのエカマイ(東バスターミナル)からは、サメット島行きの船着き場(バンペー)行きのバスが出ていて、バスと船のジョイントチケットもある。バンコクを出たバスは約3時間ほどでバンペーに到着。道を挟んで反対側、市場を抜けると船着き場がある。

サメット島にはいくつかのビーチがあり、各ビーチ行きのスピードボートや定期のスローボートが出ているが、定期の船はバスの時間に合わせて出航するので、バンペーについたら寄り道をしないでまっすぐに船着き場に向かおう。定期船はサメット島で一番賑わうサイケーオ・ビーチ近くのナダン港に着く。島に到着した際、入島税?なるものを支払う必要がある(200バーツ)各ビーチへは、乗り合いのトラック(ソンテウ)もあるし、ナダン港にはレンタルバイクもある。基本的に一本道で交通量は少ないが、アップダウンも多く、路面には砂も浮いているのでバイクの運転には十分に注意しよう。

島の北部、サイケーオ・ビーチは、島で一番賑わっているビーチ。周辺にはコンビニ、レストラン、ゲストハウスなどツーリストに必要なものは何でも揃っている。ビーチも白砂で海の色も綺麗だ。日帰りで訪れるにはサイケーオ・ビーチがオススメだ。船着き場からも歩いて行ける。どうしても静かなビーチがいいなら、他のビーチもいいが、レストランや売店(コンビニ含む)もほとんど無いので、必要な物は揃えて行く方がいいだろう。バンペーからバンコク行きの最終バスは18時発。このバスに乗るためには、ナダン発17時の船に乗らないといけない。

パタヤのビーチやラン島と比べるとまだまだのんびりとした雰囲気のサメット島。早起きして、朝7時台のバスに乗れば、バンコクから日帰りも可能だ。時間があったらオススメだ。

smt_02
バンペーの船着き場からサメット島へ

smt_03
ビーチのレストランでのんびりと(サイケーオ・ビーチ)

smt_04
夕方のバンペーの港

smt_05
バンコクの東バスターミナル(エカマイ)

 
(text & photo : 中島貴義)

 

熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

地図・詳細はこちら

サメット島

mapボタン

この記事のタグ

タイリゾート タイ離島
  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう

熱帯写真家フォトエッセイ

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう
セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!

美しいサンゴの園はアジア随一

セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!
バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん

週末は早起きして朝市へ

バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん
プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー

フィリピン旅行を愉しむスペシャルプラン

プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー
【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!

LCC初のシンガポール直行便へ搭乗

【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu