シンガポール
観光
基本情報(シンガポール)

必ず押さえたい撮影スポット!シンガポール「マーライオン公園」

シンガポールと言えば「マーライオン」と言われるほど、国民含め世界中の観光客に愛されている「マーライオン」。マリーナベイに向かって「マーライオン」が聳え立つ、その名も「マーライオン公園」は、シンガポールを訪れたら外せない撮影スポット。小さい子供マーライオンも忘れずに!

本文を読む


マリーナベイを見守るように聳え立つ「マーライオン」

Merlion_HR_03_Fotor©Singapore Tourism Board

1972年、初代大統領リー・クァン・ユーの提案で作られた「マーライオン」は、魚の身体にライオンの頭を持つシンガポールを象徴するキャラクター。シンガポールの漁村としての起源を表す想像上の動物だ。「マー」は海、「ライオン」はサンスクリット語で「シンガ」と言い、シンガポールを象徴する架空の生き物とされている。

高さ8.6メートル、重さ70トンの巨大な「マーライオン」は、マリーナ・ベイ・サンズの対岸に聳え立つ。大量の水が口から海に向かって噴き出す噴水は、間近で見ると迫力満点!絶好の撮影スポット「Merlion Park(マーライオン公園)」は、常に多くの観光客であふれている。

 

公園の海沿いは絶景ポイント

「マーライオン公園」には、フォトジェニックなスポットが沢山。「マーライオン」の横から伸びる桟橋からは、「マーライオン」を斜め正面から見ることができる。ここでは口を開けた人が「マーライオン」の吐き出す水をキャッチするような、遠近法を利用した面白い1枚に挑戦する観光客が多数!

One Fullerton(ワン・フラトン)」前の海沿いを歩けば、マリーナ・ベイ・サンズを真正面に望み、「これぞシンガポール」という景色を堪能できる。海沿いに腰を下ろせば、そこはサンズのレーザーショー「ワンダー・フル」の特等席。吸い込まれるような光線に身を委ね、異空間を楽しもう!

ワン・フラトン1階に入る飲食店には、ローカル料理「チリクラブ」で有名な「Palm Beach(パーム・ビーチ)」が。ライトアップされたマリーナ・ベイエリアを一望できるテラス席が断然おススメ。事前予約がマスト。

 

定番土産もここでゲット!

公園内には、シンガポール・リバー・クルーズの乗り場があり、観光にも便利。マーライオン西側の橋の下には、観光客で賑わうお土産店も。Tシャツやマグカップ、マグネットなどのお土産が所狭しと並べられている。定番のお土産を買うには便利なお店。

Merlion_HR_02_credit Andrew Tan_Fotor©Singapore Tourism Board

昼間と夜とでは、また違った景色が楽しめるマーライオン公園。シンガポールに行った際はぜひ押さえておきたい場所の一つだ。

※マーライオン公園内のマーライオンは下記の日程で清掃作業を予定。旅行に訪れる際は気を付けて。
大きいマーライオン:2019年2月末頃

初回投稿日:2015年10月20日
情報更新日:2018年11月25日(情報追加更新)



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード