シンガポール
カルチャー
おしゃれ偏差値急上昇!

シンガポールのファッションってどうなってるの? 前編

nana&bird5
©nana&bird

無数のビルがそびえ立ち、街は隅々までオーガナイズされていて美しい。マリーナベイサンズの見晴らし最高のプールに、そんなに大きくはないけど象徴的なマーライオン。そんな情景が浮かぶ国、シンガポール。住んでいる人は、70%以上が中華系でマレー系が13%ほど、加えてインド系が10%弱とその他が3%程の多民族国家で、公用語に英語が含まれる数少ないアジア諸国の1つです。そこで本題、ファッション大好きの筆者からすると多民族が一緒に暮らすここではみんな何を着ているのか気になる!

本文を読む


 

経済の中心地であり、様々なものが豊富にある国だという事は間違いない。でも、ことファッションのトレンドになると・・・ハイブランドを好んで買うのでしょうか。アジアっぽいスタイルをしていると一言に言っても様々です。ヒジャブを頭に巻くなど宗教に沿った服装の人もいれば、サリーなどの民族衣装に身を包む人。そんな女性たちもそれぞれのおしゃれは好きですよね。男性も同じはず。頭にたくさんの「?」が並びます。そんな時はそう、現地の人に話を聞くしかない、それもシンガポールファッションの最先端を知る人に!
 
nana&bird12
ティオンバルの街並

シンガポールで今最も注目すべきエリアの1つ、ティオンバル。昔は公団住宅の密集地帯であったここも今は多くの外国人住宅が並び、若者やアーティストたちからの注目を集めています。古いものと新しいものが混在してお互いを活かしながら共存している、なんとも興味深く今っぽいエリアなのです。そこに店を構えるセレクトショップのオーナーとなれば、この話を伺うのに十分すぎますよね?

 

スペシャルインタビュー nana & bird(ナナアンドバード)

nana&bird10
隠れ家的な入り口。手書きのボードがなんともワクワク感を誘います。 ©nana&bird
 
おしゃれでスタイリッシュなシンガポーリアンに限らず世界中からおしゃれ好きが集まるセレクトショップ「nana & bird」のオーナーの一人であるGeorgina Kohさんに突撃インタビューさせて頂きました。

 

ーnana & birdはどんなお店?
“nana & bird”はマルチレーベルブティックで、もう一人のオーナーであるChiew Lingと一緒にポップアップストアとして2011年に私のアパートの部屋からスタートしたの。私たち2人はお買い物大好き!なショッピング仲間で、夢は ‘shop for a living’そんなお店を作る事だった。ロンドン、ニューヨーク、香港などに比べてシンガポールには買い物を楽しめる場所が少ない!と考えていた私たちの答え、それがこのnana & birdという店ね。

P1040533

P1040535
店内に並ぶのはどれも手に取りたくなる厳選された商品ばかり。

 

—セレクトショップのオーナーになるまでの経歴とあなたたちのワークスタイルについて教えてください。
Chiew Lingは10年以上広告業界で、私はデジタルマーケティングのスペシャリストとしてYahoo!、Apple、Nokiaなどの企業で働いてたの。今でも仕事は続けながら、残りの時間を家族と過ごす時間、nana&birdのための時間としてやりくりしている毎日ね。Chiew Lingにはもうすぐ1歳になる女の子が、私には3歳の子と新しく5月に男の子が生まれる予定なのよ!

 
—”nana & bird”という名前はどこから?
私たちのニックネーム!
Chiew Lingが”bird”で私が”nana”。2人が出会った短大時代からお互いをそう呼び合っているの。だからお店を作ろうとなった時にこのニックネームを合わせた名前にしたのはすごくパーソナルで自然な事だったわね。
nana&bird1
女の子と小鳥のシルエットが印象的なロゴ  ©nana&bird

 

—日本人のファッションラバーにお勧めのブランドは?
多くの日本人の方は基本的に派手過ぎずクリーンな服を好むわね。特にプリントが人気のオーストラリアブランド”Milk & Thistle”などは人気。
そして、私たちのショップの象徴とも言えるトートバッグもみなさんよく手に取ってくれるわ。でも、個人的にはもう少し冒険してもいいんじゃないかな、と思っているの。例えば、UKの”Jennifer Loiselle”などのキッチュなジュエリーをプラスしたり、多くのお客さんに人気のシンガポールの”Aijek”なんかに挑戦するのはどうかしら?

nana&bird13
”Milk & Thistle”のアート作品のようなプリント。 ©nana&bird

nana&bird3
ポップな世界観が日本人にも絶対おすすめの”Jennifer Loiselle”のアクセサリー。 ©Jennifer Loiselle

nana&bird6
Georginaさんいち押しの”Aijek”のシルエットが美しいワンピース。 ©nana&bird

 

—特にオススメのシンガポール発ブランドは?
もちろんお店で販売しているブランドたちね。
“nana & bird”で大切にしているのは私たちが欲しいものを売る事。だから、ショップに並んでいるブランドも商品も私たちが個人的に持っているものばかり!
中でも”Yumumu”は毎シーズン目立った存在である事は確か。デザイナーはシルエット、スタイリング共にそれぞれのコレクションで常に違った表情を作り出しているわね。

nana&bird14
どのデザインも切り替えしやカッティングが美しく、大胆すぎるのは無理だけどちょっとしたアクセントが欲しい、という人にぜひ選んで欲しい”Yumumu”。 ©Yumumu

nana&bird8
©Yumumu
シンガポールファッションの現状とnana & birdの2人が大切にしていることとは・・・
後編はこちら!

 

(Text: Naoko Tsunashima)

 

こちらも合わせてCheck!
その他のファッションコラムはこちら

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム