フィリピン
グルメ

フィリピンならではの冷たいデザート ハロハロ(Halo Halo)

フィリピンは、4月5月が夏で一番気温が高くなります。
そういう時期に食べたくなるのが、フィリピンの冷たいデザート ハロハロ(Halo Halo)です!

CYMERA_20140505_171445

ハロとはタガログ語で混ぜるという意味で、ハロハロは色んな材料が混ざっている、それを混ぜて食べるという事みたいです。

フィリピンは、かつて植民地だったスペイン、中国、日本、アメリカ等の文化に影響を受けて自国に吸収させ混ぜ合わせて、独特の進化をとげました。この混ぜるデザート ハロハロは フィリピンの歴史を象徴する食べ物とも言われています。

ハロハロは日本のかき氷に似ていますが、かき氷の上にウベアイス、ヴァニラアイスが乗っていて(ウベとは紫いもの事です)

その他にも、小豆のような甘い豆類、コーン、色鮮やかな寒天、タピオカ、サゴ、ウベジャム、レッチェフラン(プリン)、マンゴー、ジャクフルーツ等のフルーツ、ココナッツミルクなんかが入っています!

この全部が入っているのはなかなか無いですが、お店によって違うのでハロハロの食べ歩きも楽しいかもしれません。

フィリピン料理のレストランには必ずハロハロは置いていて、フードコートやファーストフードにもあります!

私がお気に入りなのは、写真のボホール島のアロナビーチのハロハロとセブ島のホテル プルクラ のハロハロです!

マニラでは、ペニンシュラ等のホテルや milky way cafe、Razon’s等々が人気のようです!

高級店だと、ココナッツが器に使われている事が多くより美味しく感じます!

CYMERA_20140505_170836

暑い日やビーチで ハロハロ 是非お試し下さい。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム