フィリピン
ホテル/宿泊
MY HOTEL CHOICE in セブ

セブ冬からエスケープ!フィリピン南国リゾートホテルへ

movenpick_1

 

太陽の光が燦々と降り注ぐ海に、美しい白砂のビーチ……いま、寒い日本の冬から脱出して、南国リゾートでゆっくり羽を伸ばしたい! と思っている人はどれだけいるだろう。今回の「MY HOTEL CHOICE」では、そんな方の欲望をもっとくすぐる、フィリピン屈指のリゾートアイランド、セブ・マクタン島のおすすめホテルをご紹介。

本文を読む


これからのベストシーズンに向けてチェック!

 

1.Abaca Boutique Resort
アバカ・ブティックリゾート

abaca_1

 

数あるマクタン島のリゾートの中でも、隠れ家的なホテルとして絶大な支持を集める「Abaca Boutique Resort」。客室はスイート6室&ヴィラ3棟のみで、アバカ(麻の一種)などフィリピンの自然素材を生かした広い部屋や熱帯植物に囲まれたオープンテラスが、極上のくつろぎを演出する。スイート宿泊者には、24時間バトラー・サービスがつくなど、徹底したおもてなしが実現できるのもここならでは。ホテルご自慢のプールから美しいオーシャンビューを楽しむも良し、天然素材&ハンドメイドにこだわったスパトリートメントで疲れをほぐすも良し。誰にも邪魔されない、至福の時間を過ごすのにぴったりの大人リゾートである。

 

abaca_2

*宿泊料金:一泊(2名一室)15,900P(約42,500円)~
*部屋数:9(スイート6室、ヴィラ3棟)
———————————————————————
住所:Punta Engano Road, Mactan Island, Lapu Lapu City, Cebu 6015
TEL:(+63)32-495-3461
Email:reservations@abacaresort.com
http://www.abacaresort.com

 

2.Crimson Resort & Spa Mactan
クリムソンリゾート&スパ・マクタン

crimson_1

 

打って変わって、こちらは6ヘクタールの巨大敷地を誇るセブ指折りの大型高級リゾート。客室には洗練されたインテリアが並び、40棟あるヴィラのうち38棟にはプライベート・プールがついてくる。もちろんプールなしの部屋でもプライベートビーチに出れば、カヤックやシュノーケリング、ジェットスキーなど多種のマリンスポーツが用意されているので、家族団らんでのんびり羽を伸ばす場所としておすすめ。とにかく広大な敷地を贅沢に使っている同リゾート。2000m²の敷地を占めるバリスタイルのスパも宿泊客に多く利用されている。ビーチ、スパ、レストランなど全てが種類豊富なリゾートを選ぶならここで決まり。

 

crimson_2

*宿泊料金:一泊(2名一室)21,000P(約56,250円)~ 
*部屋数:290(客室250室、ヴィラ40棟)
———————————————————————
住所:Seascapes Resort Town, Mactan Island, Lapu Lapu City, Cebu 6015
TEL:(+63)32-239-3900
Email:info.mactan@crimsonhotel.com
http://www.crimsonhotel.com/mactan

 

3.Movenpick Hotel Mactun Island Cebu
モーベンピック・ホテル・マクタン

movenpick_2

 

世界25か国に展開するスイスのホテル・チェーン経営のもと、2011年にオープンしたラグジュアリー・ホテル。このホテルのおすすめポイントは、タワーホテルならではの高さを生かした部屋の窓からのオーシャンビュー。大きな窓から自然光がたっぷりと入るので、朝の目覚めも気持ち良さそう。また、同ホテルの顔となっているのが、人気ビーチクラブ「Ibiza Beach Club」だ。ディナーを楽しむなら、グリルした肉やシーフードをテーブルで好きなだけ取り分けてくれる「Balearic Churrasco」は絶対に外してはならない。ファイヤーダンスやラテン、KPOPなど毎晩行われるエンターテイメントも見応えたっぷり。宿泊者でなくても利用可能なので、モードなナイトライフを楽しむために訪れるのもいいだろう。

 

movenpick_3

*宿泊料金:一泊(2名一室)6,510P~(約17,450円)※2015年3月まで
*部屋数:245
———————————————————————
住所:Punta Engano, Mactan Island, Lapu Lapu City, Cebu 6015
TEL:(+63)32-492-7777
Email:hotel.cebu@moevenpick.com
http://www.moevenpick-hotels.com/

 

4.BLUEWATER MARIBAGO BEACH RESORT
ブルーウォーター・マリバゴ・ビーチリゾート

bluewatermaribago_1

 

約1ヘクタールに及ぶ白砂のプライベート・ビーチを誇る、フィリピンを代表するリゾートホテル。ビーチに一番近いビーチウィング、2階建てのガーデンウィング、スパと一緒に新設されたアムマウィングの3ゾーンに分かれており、庭園が望めるベランダ付きの部屋やハンモック付きのバンガローまで4種類の部屋から選ぶことができる。とりわけホテルが力を入れるスパトリートメントでは、国内外のセラピーを取り入れたリフレクソロジーが各種用意されているが、せっかくならフィリピンの伝統的なトリートメント療法「ヒロット」を試してみたいところ。温めたバナナの葉を使って凝り固まった筋肉をほぐし、体の温&冷のバランスを整えてくれるのだ。古から伝わるフィリピンの美と癒しを体験してみてはいかが?

 

bluewatermaribago_2

*宿泊料金:一泊(1名/2名一室)7,000P(約18,750円)~ ※2015年3月末まで
*部屋数:158
———————————————————————
住所:Buyong Maribago, Lapu Lapu City, Cebu 6015
TEL:(+63)32-492-0100
Email:maribago@bluewater.com.ph
http://www.bluewatermaribago.com.ph

 

5.The Henry Hotel
ザ・ヘンリー・ホテル

henry_1

 

最後は個性派ブティック・ホテルをご紹介。5つのホテルで唯一、マクタン島から少し離れてセブ市内に位置するのだが、どうしても紹介せずにいられない一軒である。写真からも伝わるように、ヴィンテージ感とモダンがミックスした奇抜なデザインとインテリアが特徴のこのホテル。“Like No Other(唯一無二)”というコンセプトも納得で、部屋の装飾は一つとして同じものはない。しかし、ビジュアルのインパクトのみならず、部屋にはエコや社会貢献に配慮したアメニティが用意されており、細やかなこだわりが伝わってくる。ちなみに、古い家を改築した第二店舗目が首都・マニラにもオープンしたばかり。今後の展開も楽しみなホテルである。

 

henry_2

*宿泊料金:一泊(2名一室)5,703P(約15,300円)~ ※2014年12月末まで
*部屋数:38
———————————————————————
住所:One Paseo Compound, Ma Luisa Entrance Road, Banilad, Cebu Sity 5000
TEL:(+63)32-520-8877
Email:reservations@thehenryhotel.com
www.thehenryhotel.com

 

セブ島には興味あるけど、ビーチリゾートだけじゃ物足りないという欲張りな方には、ぜひ1月の第3日曜日に訪れることをおすすめ。この日にはセブ島最大のフェスティバル、シヌログ祭り(キリスト教のお祝い)が行われるのだ。煌びやかな衣装に身を包んだダンサーたちによるストリートパレードは、まさに圧巻。エキサイティングな魅力あふれるセブ旅行の参考にぜひ。

 

(text: Izumi Kakeya)
TRIPPING!編集部がリアルに泊まりたいホテルをピックアップ!
【MY HOTEL CHOICE】

>>その他の記事はこちら

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム