フィリピン
カルチャー
お土産にも喜ばれる

フィリピンのみそ汁!?「シニガンスープの素」で手軽にフィリピン料理を再現。

写真

フィリピンで日本のお味噌汁に当たるのが「Sinigang(シニガン)」。タマリンドが入った酸っぱいスープでフィリピン料理屋さんに行くと必ずあるメニュー。

本文を読む


野菜がたっぷり食べられるヘルシーな料理で私もよく家でつくります。この酸っぱさが暑いフィリピンの気候に合うように思います。

 

私が家で作るときに愛用しているのがこちらのHerb’s Bestのシニガンスープの素。近所のスーパーのオーガニック食材売り場で見つけました。自然素材で「No MSG(うまみ調味料なし)、No artificial flavors(化学調味料なし)、No preservatives(保存料なし)」。

 

鍋にトマトと玉ねぎやナス、おくらなどの野菜とこのシニガンスープの素を入れて煮こむだけで、手軽にフィリピンの味になります(トマトと玉ねぎは必須ですが、他の野菜はお好みで)。エビなどのシーフードや豚肉を入れてもいいと思います。自分でつくると外食で食べるよりも、酸味が強すぎなくて、食べやすいですよ。

 

12g(1Lの水に入れる分量)× 10袋入りで、120ペソ程度(約325円)です。軽いのでお土産にもいいかもしれません。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム