マレーシア
グルメ

The Ritz-Carltonの高級中華「麗苑」で絶品ランチ

image

多民族国家のマレーシアでは、様々な民族の料理が楽しめます。特に首都であるクアラルンプールには、気軽に入れるフードコートからハイレベルな高級レストランまで、バラエティ豊かなグルメが集結。今回は観光客にはもちろん、日本人駐在員にも評判の中華料理店をご紹介します。

リッツカールトンホテルにある「麗苑(Li Yen)」

image

場所はKLイチの繁華街、ブキッ・ビンタン地区。リッツカールトンホテルの2階にあります。

数々のアワードを受賞しているこちらのレストラン。夜は本格的な広東料理が楽しめますが、この日はランチのみで味わえる人気の飲茶を食べに行ってきました。

image

店内は、高級感のある落ち着いた雰囲気。ここには、プライベートダイニングルームが3部屋もあるそうで、大切なお客様をお迎えするのにもぴったり。

 

ランチメニューは、飲茶が中心のアラカルト。メニューには見当たりませんでしたが、スタッフに「セットメニューはある?」と聞くとコース内容とお値段を教えてくれ、用意してくれるとの事。

今回は飲茶と北京ダックが含まれたランチコースをオーダーしました。
内容や人数によって金額が変わるそうなので、直接お店の方に確認してみて下さいね。

image

チャイニーズティを飲みながら待っていると、熱々の飲茶が登場。

プリップリの海老が入ったギョウザやシュウマイ、具沢山な春巻など、見た目も美しい点心はどれも絶品!

種類豊富な飲茶の中でも特に人気なのは、マンゴー・プローン・ロール。マンゴーと海老の春巻です。パリパリの皮の中に包まれたクリーミーなマンゴーとプリプリ海老は相性抜群です♪

image

続いて、メインの北京ダック。目の前でスタッフが手際よくサーブしてくれます。

image

こんがりと焼きあがったパリパリの北京ダックと香ばしい甘いタレを、モチモチの皮に包んで頂きます。

image

残った身の部分は、炒飯か焼きそばのどちらかを選び、調理してくれます。

今回は焼きそばをオーダー。前回来店した時は炒飯をオーダーしましたが、どちらもとても美味しくて大満足でした。

image

最後はデザートのマンゴープリン。甘さは控えめながら果肉がたっぷり入っていて、上品なお味です。

この日は残念ながら用意がないとの事でしたが、ここの「マンゴークリーム」も大人気で、これ目当てに来るお客さんもいるんだとか。

 

これだけ食べてお値段は1人約70RM(約2500円)と、高級ホテルのランチにしてはとてもリーズナブル。
とはいえ、お食事はもちろんお店の雰囲気やサービスも値段以上の価値あり◎贅沢なひとときを過ごす事が出来ますよ♪

ランチタイムは混雑するので、事前に予約しておくとスムーズです。

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム