マレーシア
観光
2018年から運航開始!

マレーシア航空 A350-900型機で快適な空の旅を

写真提供:マレーシア航空

マレーシア航空は、日本からマレーシアへ週21便を運航しているマレーシアのナショナルフラッグ・キャリア。(成田-クアラルンプール12便、成田-コタキナバル2便、関空-クアラルンプール7便)2018年5月から、成田=クアラルンプール線にエアバスの最新鋭機A350-900型機を導入したことでも話題に。8月6日からは、関西=クアラルンプール線にも同機を導入する予定だ。

本文を読む


 

快適な空の旅を叶える最新鋭機A350-900型機

機内エコノミークラス photo : Yasushi Yoshida

マレーシア航空のA350-900型機の座席数はファーストクラスが4席、ビジネスクラスが35席、エコノミークラスが247席の合計286席。

機内エコノミークラス photo : Yasushi Yoshida

座席の配列はファーストクラスが1-2-1、ビジネスクラスが1-2-1または1-2-2、エコノミーが3-3-3。全席にUSBポートと電源を完備している。

エコノミークラスの液晶モニター。大きな画面で、タッチパネル式で操作することができる。 photo : Yasushi Yoshida

機内Wi-Fiも搭載していて、メニューはLite(8MB 1ドル)、Social (20MB 5ドル)、Business (150MB  20ドル)の3種類。購入する金額によって、簡単なメッセージの確認程度からビジネスメールのやりとりまで空の上で行うことがきる。

USBポートが完備されているのが嬉しい photo : Yasushi Yoshida

 

機内食は全てハラル・フード

photo : Yasushi Yoshida

マレーシアの国教がイスラム教であることもあり、多くのイスラム教徒が安心して利用できるように、機内食がハラル・フードで提供されているのも、マレーシア航空の特徴。日本路線は、食事に加えて軽食、アルコールのサービスも。

photo : Yasushi Yoshida

 

クアラルンプール国際空港 世界最大級のラウンジ

photo : Yasushi Yoshida

ファーストクラスならびにビジネスクラスの乗客が利用できるラウンジの中でも特に注目したいのが、マレーシア航空の拠点ともなっているクアラルンプール国際空港のラウンジ「ゴールデン・ラウンジ」。空港内に3つあるラウンジの中でも4000㎡の広さを誇る、世界最大級のラウンジが「ゴールデン・ラウンジ サテライト」だ。広々とした空間には、インターナショナル料理やマレーシア料理がならび、週ごとに変わる4種類のラクサ・メニューが提供される「ラクサ・バー」も。フライト前に、食事を楽しみながらのんびりくつろぐことができる。

photo : Yasushi Yoshida

ちなみに、3カ所あるラウンジの中でも「サテライト」と「リージョナル」は24時間営業している。

 

[A350-900型機の日本路線 運航スケジュール]

成田空港=クアラルンプール

MH89 成田 ⇒ クアラルンプール 10:20発  16:45着(毎日)
MH88 クアラルンプール ⇒ 成田 23:30発 +07:40着(毎日)
MH71 成田 ⇒ クアラルンプール 21:40発 +04:10着(火・水・木・金・日)
MH70 クアラルンプール ⇒ 成田 09:50発  18:00着(火・水・金・日)
MH70 クアラルンプール ⇒ 成田 10:50発  19:00着(木)

関西空港=クアラルンプール(8月6日から運航予定)

MH53 関西 ⇒ クアラルンプール 09:55発  15:50着(毎日)
MH52 クアラルンプール ⇒ 関西 22:10発 +05:40着(毎日)

※2018年7月現在

 

期間限定のサマーセールを実施中

photo : Yasushi Yoshida

現在、マレーシア航空ではサマーセールを開催中。例えば、成田=クアラルンプール線は、50,400円〜(燃油込み)とかなりお得! 7/31までの期間限定なのでHPをチェックしてみて!

マレーシア航空
HPはこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム