マレーシア
観光
アウトドア初心者でもOK!

マレーシアの世界自然遺産で登山や洞窟探検を楽しもう!

Top_01
「壺の部分を落とし穴のようにして虫をパクリ!」 食虫植物ウツボカズラ(キナバル自然公園にて)  
photo:Miho Shimizu

4年間世界遺産巡りの旅をした「世界遺産イェーイ!」がお届けする連載第3弾は、マレーシアの自然遺産でございます!!

マレーシアの国土は「マレー半島南部」と「ボルネオ島の北部」で構成されております。ボルネオ島の北部には、ブルネイという小さな国も位置しています。

前回の記事では、マレー半島にあるマレーシアの文化遺産2つについてご紹介しましたが、今回は、熱帯雨林のジャングルが広がるボルネオ島にある「キナバル自然公園」と「グヌン・ムル国立公園」という2つの自然遺産についてご紹介致します!

本文を読む


マレーシアの自然遺産は、実際に体を動かして山に登ったり、洞窟を探検したりとアクティブ系なんです!ちょっと手強そうな感じがしますが設備が整っているところが多いので、アウトドア上級者でなくても手軽に自然を楽しめるのです!この2つの自然遺産の観光の起点となるのは、ボルネオ島の大都市、コタ・キナバル。実は日本からコタ・キナバルには、直行便も飛んでいるのでアクセス良好なんですよ!

記事の最後に同じくボルネオ島に位置する小国ブルネイの世界遺産についてもちょっとだけ触れちゃいまーす!イェーイ!

 

キナバル自然公園(自然遺産)

登録基準: 「固有の生態系」、「絶滅危惧種」

Kinabalu_01
キナバル山   photo:オリンピックお兄さん

キナバル自然公園はマレーシア最高峰、標高約4,100mのキナバル山を中心とした州立公園です。ここまで来たら絶対にトライしたいのが、キナバル山登頂!キナバル山は富士山よりも高いですが、登山道や山小屋などの設備が整備されているので、快適に登山が楽しめます!山登りの道中には、写真一番上で紹介した食虫植物ウツボカズラなど珍しい植物がいっぱい見られます!

Kinabalu_02
こんな美しい花もあるんです! photo:Miho Shimizu

キナバル自然公園の公園本部から登山スタート!一般的なスケジュールだと、1日目は約3,200mの山小屋まで7時間くらいかけて登りそこで仮眠を取ります。この山小屋に泊まることのできる人数は限られているので予約はお早めに!翌日はご来光を見るために早朝3時頃に出発!朝6時くらいには頂上に到着することができます!

Kinabalu_03
頂上付近はこんな感じ! photo:Miho Shimizu

帰りは、休憩しながら夕方前までには公園本部まで下山することができます。その日のうちにボルネオ島の大都市コタ・キナバルに移動できるのでリゾートホテルに泊まって、アジアンリゾートでゆったりしながらビールで祝杯をあげるのも良いですね!

・アクセス
成田からコタ・キナバルまで直行便で約6時間。直行便がない場合はクアラルンプールを経由。クアラルンプールからコタ・キナバルまでは約2時間半。コタ・キナバルから、キナバル山登山のベースとなる公園本部までバスやタクシーで約2時間。

・必要日数
キナバル山の登山に1泊2日必要。無理なく登山するには、前日に公園本部に宿泊するのがオススメなので3日間あると安心!

 

グヌン・ムル国立公園

登録基準: 「自然の景観美」、「地球の歴史」、「固有の生態系」、「絶滅危惧種」

Mulu_01
洞窟探検を楽しもう!  photo:マレーシア政府観光局

グヌン・ムル国立公園は、標高約2,400mのムル山を中心としたカルスト地域です。ここではドラクエさながらの洞窟探検に、キャノピー・ウォーキング(吊り橋を歩く)に、トレッキングなど大自然を体感できるんです!グヌン・ムル国立公園を観光する拠点となるムルは、コタ・キナバルから飛行機を乗り継いで(曜日によっては直行便あり)行くようなところですが、それだけに豊かな自然が広がっています。

ECO & AGRO TOURISM - MULU NATIONAL PARK SARAWAK
ボートに乗って洞窟の入り口へGo!    photo:マレーシア政府観光局

公開されている洞窟は整備されているので中を歩いたりすることができます。洞窟探検はガイドの同行が義務付けられているため、ツアーに参加するのが一般的!ムルを拠点にして、主な洞窟を1日でまわるツアーなどがオススメです。

Mulu_03
絶対に見逃せないのは夕暮れ時のドラゴンダンス!    photo:マレーシア政府観光局

夕方頃になるとディア洞窟から、な、何と、数百万匹!のコウモリ達が食べ物を求めて出てくるのです。その姿はまるで巨大なドラゴンが空に登っていくようなことからドラゴンダンスと呼ばれています。夕方スコールが降って見られなくなる可能性もあるので、ドラゴンダンスを見るには、ムルに2泊くらいして予備日を作っておきたいところです。ムルには、ムル・マリオット・リゾートという高級リゾートホテルもあるのでホテルライフも楽しめますよ!

ディア洞窟に行く途中には、約500mのキャノピー・ウォークがあります。人数が制限されているので、早めに予約しましょう!また上級者向けには、3泊4日かけてムル山を登るツアーや、石灰岩から成る奇岩がナイフのようにそびえ立っているピナクルスを望むアピ山に2泊3日かけて登るツアーなんかもあります。こちらは歩いて川を渡ったりちょっとアドベンチャーな感じなので、アウトドア上級者にお勧めです。

 
・アクセス
コタ・キナバルからグヌン・ムル国立公園の拠点となるムルまで、週3回直行便があり約1時間。直行便がない曜日はミリという都市などを経由して約2時間。

・必要日数
主要な洞窟をめぐるツアーに丸1日かかるのでムルに1泊はしたいところ。ドラゴンダンスの予備日として2泊3日あると安心。山登りをするならそれに応じた日数が必要。

 

ブルネイの世界遺産

実は、ブルネイには世界遺産はありません!東南アジアでは、ブルネイとシンガポールが世界遺産を保有していないのです。ブルネイは2011年に世界遺産条約を締約しましたが、暫定リスト(世界遺産への候補案件)に登録されている物件は今のところありません。美しいモスクに豊かな熱帯雨林もあるブルネイ。未来の世界遺産を探しに行ってみたいですね!

 
※記事中の情報は、全て2015年4月現在のものです。
 
(参考文献:『すべてがわかる 世界遺産大事典 <上・下> 世界遺産検定公式テキスト』、『きほんを知る世界遺産44 世界遺産検定4級公式テキスト』、『地球の歩き方』、マレーシア政府観光局)

 
4年間世界遺産巡りの旅をした夫婦「世界遺産イェーイ!」のコラム
>バックナンバーはこちら

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム