マレーシア
観光

カップルにもキッズにも人気のナイトスポット☆光の街「i-city」

image

100万個のLEDライトが輝く光の街

KLからタクシーで30分程、日系企業の工場が多く立ち並ぶシャー・アラムという地区。シャー・アラムの観光名所といえばブルーモスクが有名ですが、大人はもちろん、子連れでも楽しめるナイトスポットがあるよ!と教えてもらったのが、今回ご紹介する「i-city(アイシティ)」。元々はIT特区として国が開発した場所だそうで、敷地内が100万個以上の電飾で飾られたイルミネーションスポットなんです。

 

ミニ遊園地にキッズも大はしゃぎ!

image

image

image

訪れたのは6時頃。

マレーシアは日没が遅いので、辺りはまだ明るく敷地内は閑散とした様子。郊外のミニ遊園地のあるアウトレット…そんなイメージ。デパートの屋上にありそうな小さな子供向けの乗り物が沢山あります。image

施設内は「City of Digital Lights」「Water World・SNOWALK」「FUN WORLD」の3つのゲートに分かれています。Water Worldは日中のみの営業ですが、子供が喜びそうなスライダーや遊具があり明るいうちに来ても楽しめそうな雰囲気でした。

image

園内をぐるっと1周して、ひとまず腹ごしらえ。マレーシアの大手コーヒーチェーンOld Town White CoffeeやKFC、サブウェイなど軽食が食べられるお店がいくつかあり、ドリンクとローカルフードが置いてある売店もあります。

 

カラフルなライトが輝く光の街へと様変わり!

image

image

夜7時過ぎ。

夕飯を済ませ外に出ると、辺りは一変!煌びやかな光の街へと様変わり。100万個以上のLEDライトで彩られた街はとてもカラフルで華やか!

日本のイルミネーションのような上品さはないけれど、経済発展を続けるマレーシアらしいエネルギッシュなイルミネーションを見ることが出来ます。

image

image

熱帯気候のマレーシア、昼間のお出かけは暑いからか夜遅くまで小さな子供連れを多くみかけます。シャーアラムはマレー系が多く住む地域だそうで、ムスリムの人も多く異国情緒たっぷりです。

施設内の入場料は無料で、アトラクション毎にお金がかかるシステム。値段は乗り物により異なりますが、観覧車10RM(約330円)、ミニトレイン5RM(約150円)程度。プリペイドカードにお金をチャージして使います。他にもトリックアートや蝋人形館、お化け屋敷などの室内施設も充実していました。

image

image

KLのナイトプランといえば、夜景のキレイなバーでリッチに過ごす…なんていうのが王道ですが、ガイドブックには載っていないちょっぴり変わった夜を楽しみたい方、カップルやお子様連れの旅行には特にオススメ。観光客がほとんどいない穴場スポットですよ♪

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム