インドネシア
グルメ
ほんのり甘いがクセになる

栄養価の高い緑豆のヘルシースイーツを屋台で味わう!

DSCN1761

 ブブール・カチャン・ヒジョー(Bubur Kacang Hijau)

ほんのり甘いスイーツをご紹介します。

本文を読む


ブブール・カチャン・ヒジョー(Bubur Kacang Hijau)略して、ブルジョー(Burjo)。
緑豆をパームシュガーで甘く炊いて、ココナッツミルクをかけた、ぜんざいのようなスイーツです。
日本では、「緑豆」というともやしや春雨くらいしかイメージがないと思いますが、インドネシアでは、豆もよく食べられています。
 
緑豆は栄養価も高いので、ブルジョーは健康的なおやつとして、子どもから大人まで幅広い世代に愛されています。
特にジョグジャカルタは、学生の多い町。
一人暮らしの学生などは、これを簡単な食事代わりにする人も多いので、ブルジョーのお店はいたるところにあります。
 
写真は、緑豆に黒米をプラスしたバージョン。
モチモチの食感が加わって、腹持ちもよくとてもおいしいです。
 
スーパーなどでも緑豆ジュースが売っていますが、それらは日本人にはとても甘--く、苦手な方も多いと思いますが、お店や屋台などにあるブルジョーは甘さ控えめで、日本人にも受け入れやすい味だと思います。
 
街中で「Burjo」の看板を見つけたら是非、お試しください!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム