インドネシア
ショッピング

世界無形文化遺産「バティック」柄の包装紙でオリジナル作品を作ってみるのはいかが?

DSCN1252-680x510

ジョグジャカルタといえば、バティック(ろうけつ染め)が有名ですが、バティックが世界無形文化遺産に登録されてからは、布以外の色んなものにもバティック柄が使われていたりします。

DSCN1251

おすすめはバティック柄の包装紙!

今回、ご紹介したいのが、こちらの包装紙!
ジョグジャカルタの人は贈り物は自分で包装する人が多いので、町の文房具屋、ショッピングセンターなど至る所で販売されています。
店や紙の大きさによってまちまちですが、大体1枚 約Rp1,000~Rp3,000(約10円〜30円※2014年7月23日現在)と激安!

DSCN1163
お土産を渡すときに、こんなバティック柄の包装紙だと雰囲気が出ていいですね。
またクラフト好きな人は、カルトナージュ(厚紙などで作った箱に紙や布を貼って仕上げたもの)として、色々作ってみるのも楽しいはず。
ちなみに私は、日本の道端でもらったうちわを利用して、バティック柄のうちわを作ったりして楽しみました。
バティック柄は、和風、洋風問わずしっくりくるので、アイデア次第で旅の思い出アイテムができるかもしれません。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム