東南アジア
観光
クアラルンプール・シンガポールなど東南アジア観光に便利

タクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」の使い方

日本ほど電車やバスなどの公共交通網が発達していないマレーシアは、移動手段の大きな割合を車が占めています。そんな車社会のマレーシアを観光する際に便利なのが、タクシーやライドシェアの車をリアルタイムで呼ぶことができるアプリ「Grab(グラブ)」。

今回は、マレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア各国で圧倒的なシェアを誇るアプリ「Grab」の使い方をご紹介します。

本文を読む


まずは「Grab」のアプリをダウンロードして、ユーザー登録を済ませていきます。現在はFacebookかGoogleアカウント、もしくは電話番号を使ってのログインを選択できます。乗車料金は現金で払うこともできますが、あらかじめクレジットカード情報を登録しておけば、乗車料金が全てクレジット決済となり、キャッシュレスで利用することもできます。

 
登録が完了したら、早速タクシーやライドシェアカーを呼んでみましょう!

アプリを立ち上げると、周辺のマップとGPSを基にしたユーザーの現在地が出てきます。画面上の「Enter your location」をタップして出発地を、「Enter destination」をタップして目的地を入力していきましょう。入力は、住所か建物の名前を入れて、検索項目に出てきたものから当てはまるものを選択すれば完了です。

 
出発地と目的地の入力が完了したら、車種を選んでいきます。画像内「Grab car」と表示されている場所をタップすると、「Grab Car (グラブカー) 」「Grab Taxi (グラブタクシー)」などの車種の選択画面が出てきます。車種が決定すると、お迎えまでの所要時間や目的地までの乗車料金が表示されます。

 

 

よく使われる車種の説明はこちら。

Grab Car (グラブカー)
一般人ドライバーの自家用車。グラブに登録した一般人のドライバーが、自家用車で送迎してくれるサービスです。目的地までの乗車料金は、予約時で決定します。

Grab Car 6-seater (グラブカー 6人乗り)
グラブカーで、6人乗りの大きな車を指定できます。グラブカーと同様、目的地までの乗車料金は予約時に決定されます。通常のグラブカーよりも割り増しの料金となります。

Grab Taxi (グラブタクシー)
メータータクシー。メーターで料金が決定するので、グラブカーと違って事前に乗車料金が決定されません。通常、グラブカーよりも乗車料金が高くなります。また、予約料金が2RM加算されます(2018年6月現在)。

Just Grab (ジャストグラブ)
グラブカーかメータータクシーを指定しない予約方法。現在乗車予約を受け付けられるどちらかの車が来ます。ジャストグラブの場合、メータータクシーが来た場合も予約時に乗車料金が決定されています。

 
ちなみに私が普段使うのは「Just Grab(ジャストグラブ)」「Grab Taxi (グラブタクシー)」「Grab Car (グラブカー)」の3種類。旅行者の方には、法律で明確に事故補償が定められているグラブタクシーの利用をおススメします。

出発地・目的地を入力し車種を選んだら、いよいよ緑の「BOOK」を押して予約を申し込みます。予約が受け付けられたら、アプリ上にドライバーの顔写真と車のナンバー、車種とカラーの情報が表示されます。黄色い星は、これまでドライバーが乗客から受けた5段階評価。事前にドライバーの評価や情報が分かっているので安心できますね。

アプリのマップ上には、車の現在地と待ち合わせ場所到着までの目安時間が表示されるので、こちらを確認しながら待ち合わせ場所に向かいましょう。トラブルに合わないために、万が一もし違うナンバーの車が来ても乗らないようにしてくださいね。

 

 

ちなみに予約受付後は、チャット画面でドライバーとのメッセージのやり取りが可能になります。入口が複数ある建物や、少し分かりにくい場所の場合、待ち合わせがうまくいかない事もあります。念のため「○○ホテルの正面玄関に来てほしい」「右側の入り口にいる」など、待ち合わせ場所についてメッセージを送っておくことをおススメします。

 

 

ドライバーが到着したら、「ドライバーが到着しました。5分以内に乗車してください」というメッセージが表示されます。待ち合わせ場所で5分以上ドライバーを待たせると、ドライバー側からキャンセルされてしまう事も。車が到着したらすぐに乗車できるよう、前もって準備しておきましょう。

 

 

乗車し、目的地に向かい始めるとアプリ内が「In transit」となり、マップ上に現在地が表示されます。万が一、乗車中にドライバーとトラブルになったり、交通事故などの緊急事態の際は、アプリに赤字で表示されている「EMERGENCY」をタップしましょう。こちらから直接警察に繋がります。

 

 

目的地に到着したら、「Cash(現金)」の方はドライバーに直接乗車料金を支払います。クレジットカード決済の方は、そのままキャッシュレスで降車してOK。高速道路を使った場合は、アプリに表示されている価格に高速料金が加算されるのでご注意を。降りる際は、ぜひドライバーに一言「Thank you!」と伝えて下さいね。

降車後にGrabアプリを立ち上げると、ドライバーの評価ページが表示されます。運転や接客態度など、五段階評価で星を付けましょう。これで一連の使い方は終了となります。

 

 

市民の足として無くてはならない存在の「Grab(グラブ)」。旅行者にとっても、すぐにタクシーを呼べる便利なアプリです。通勤ラッシュ時や雨が降っている際はなかなか車がつかまらない事もあるのでご注意下さいね!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム