東南アジア
観光
アジアが安定して人気

夏休みはどこに行く!?夏休み海外旅行ランキング2018

©TRIPPING!

一般社団法人日本旅行業協会の調査結果によると夏休みの旅行先のランキングの1位は、近年安定した人気を誇る台湾、続いて2位にハワイ、そして韓国が3位に名前を連ねた。韓国は昨年9位だったので、人気を回復したと言える。

本文を読む


アジアからは、タイ(4位)、シンガポール(5位)、ベトナム(6位)、香港(7位)と、合計6カ国がベスト10入り。人気のあるグアム(8位)を退ける結果となった。

 

夏休み旅行人気ランキング 2018 トップ10

順位(昨年順位) / 国(地域) 
/ コメント

1位(2位) 台湾      
 近場の海外旅行として、女性や少人数の旅行が人気

2位(1位) ハワイ      
 定番のハワイは家族旅行や夫婦旅行が人気

3位(9位) 韓国      
 韓国コスメの韓流ドラマ人気上昇で女子旅、母・娘旅が人気

4位(6位) タイ   
プーケット、パタヤ等のリゾート地がファミリー層を中心に人気

5位(4位) シンガポール   
 ファミリー層が好調、3 世代旅行も人気

6位(5位) ベトナム     
 ダナンなどのリゾート地が女子旅に人気

7位(11位) 香港 
 LCC の増便により座席数拡大し、家族旅行、夫婦旅行が人気

8位(3位) グアム      
 近場のリゾートとしてファミリー層に人気

9位(8位) アメリカ(本土)  
 日本人選手の活躍もあり、スポーツ観戦ツアーが人気上昇中

10位(15位) イタリア  
  
 添乗員付きや周遊型のツアーが人気

 
韓国が、国際情勢の緊張緩和にともない、人気を回復している傾向にあり、タイも引き続き好調。さらに香港やマカオも人気を取り戻している。

 
※海外の募集型企画旅行を実施している旅行会社 7 社(国内は 6 社)を対象に、パッケージツアー申込予約
の状況について調査を行いました。前年同期比数値(6 月中旬調べ)を基に、その動向を示す傾向値として
とりまとめたものです。詳細は、以下のとおりです。
※調査対象旅行会社(旅行 7 社 社名五十音順)は、ANAセールス(株)、(株)エイチ・アイ・エス(海外のみ)、
近畿日本ツーリスト個人旅行(株)、(株)JTB、(株)ジャルパック、(株)日本旅行、(株)阪急交通社

 
参考元:一般社団法人日本旅行業協会

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます