東南アジア
ショッピング

東南アジアの陶磁器に触れてみよう!旅先で窯元を訪れる

98v-21-95
写真提供:日本アセアンセンター

日本や中国と同じく、古くから陶磁器の文化が根付いている東南アジア。伝統や歴史、その土地の風土が凝縮された焼き物からは、訪れた国の文化を感じることができるはず。せっかくならお土産店だけではなく、足を延ばして窯元を訪ねてみるのも旅のいい思い出になるはず。

そこで、各国現地レポーターが実際に訪れた5つの窯元の情報をお届け!

 

1. クメール陶器  from カンボジア・シェムリアップ

クメール伝統陶芸はもちろん、オリジナル作品もたくさん作っているアンコール遺跡の工房。陶芸を体験できるのでこれを機にクメールの人々のスピリッツに触れてみては!

10396459_496510157144138_460761225

記事を読む>

 

2. カソガン村の素焼き from  インドネシア・ジャカルタ

素朴な素焼きが魅力な陶芸の村「カソガン」には個性的な作品も数多く並び、村を歩いているだけでも楽しめる!

IMG_1260-680x453

記事を読む>

 

3. プラナカン食器  from シンガポール
プラナカン文化を象徴するプラナカン食器。
窯元では美しく絵付けされた作品が所狭しと並んでいて購入も出来る。

20140925_123651-680x510

記事を読む>

 

4. ベンジャロン焼き  from タイ・バンコク

タイ王室の高級磁器として発展したベンジャロン焼。
工房では、日帰りで絵付けを体験できるのでチャレンジしてみるのもおすすめ!

10697155_819812701384214_5966910829122369709_o-680x680

記事を読む>

 

5. セラドン焼き from タイ・チェンマイ

タイのチェンマイを代表する焼物のセラドン焼。
工房兼ショップには、美しい青磁器がずらりと並び、時間を忘れてお買い物に没頭してしまいそう。

IMG_7094-0-680x507

記事を読む>

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム