TRIPPING! トップ × 日本で楽しむ東南アジア × ASEAN × ベトナム × (東京・高円寺)生米麺のフォーが看板メニューのベトナム料理店
Loading
2017.6.12 23:43
この著者の記事 yuyaの食べ歩き 東京ベトナム料理 東京本格ベトナム料理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

今回ご紹介する「チョップスティックス」は高円寺が誇るディープ・スポット、大一市場にあるベトナム料理店だ。大一市場は元々文字通り青果などを販売する市場だったのだが、現在は飲食店街となっており、しかもエスニック料理店が多い。東南アジアの食堂をイメージさせる雰囲気の素晴らしさは、都内だと浅草地下街とタメを張るレヴェルだろう。

本文を読む


 
著者撮影

チョップスティックスさんは「生麺のフォー」を看板メニューとしており、乾麺がオーソドックスな日本では大変珍しいお店だろう。オープンは2003年で、筆者は当時からたまに頂きたくなり訪問している。個性を有するフォーだと思う。

著者撮影

この度は「牛肉のフォー(フォーボー)」(650円)に「ハーフコムガー」(200円)を付けた。フォーはプラス50円で1.5倍になるので、そちらもオーダー。ちなみに、プラス100円で2倍となる。また、パクチー大盛り、生唐辛子は無料で頂ける。

 

ハーフコムガー

著者撮影

かなり生姜を利かせたコムガー。米は鶏の出汁を吸い込んでおり、炊き加減はパラパラ。それでいて日本米である為、もっちり感もある。ネギ入りの醤油ソースの味わいが強く、ナッツとフライドオニオンがアクセントになる。

 

牛肉のフォー(フォーボー)

著者撮影

とにかく生フォーが面白い。モチモチ、ねっちりした食感で、つるんではなくてトゥルンとした口当たり。麺の表面は実に艶かしく、滑らかだ。そして、米の風味が強い。日本米を使用して麺を作っているだけあり、海外の米粉麺よりも風味と甘みが強い麺だ。うどん的な特長を併せ持ったフォーであり、乾麺とは根本的に異なる。

著者撮影

ボー(牛肉)は牛スジ肉の煮込みで、優しい旨味のスープに煮込みの甘みが混ざり、段階的に味が変わる。他にトマトの酸味もかすかに混じり、極軽めの八角は日本人好みだろう。

日本人向けにアレンジしつつ、他に無い個性を持つフォーだと感じる。

 
チョップスティックス
・住所:東京都杉並区高円寺北3-22-8 大一市場内
・TEL:03-3330-3992
・時間:11:30~23:00 (L.O.) 平日15:00〜17:00は準備中(土日も状況による)

 

著者 : yuya

手料理も愛するタベアルキスト。ハタチの頃からバックパッカー旅行をしており、世界を丸っと食べ歩き。特に東南アジア諸国と中国が大好きで、屋台メシを食べて、現地の市場で調味料や調理器具を買い付けてくるのが旅の楽しみ。日本国内でも、出来る限り現地に近い味わいのお店を探して日々徘徊。

その他の記事はこちら>

地図・詳細はこちら

チョップスティックス

URL:http://namamen.com/
営業時間:11:30~23:00 (L.O.) 平日15:00〜17:00は準備中(土日も状況による)
電話番号:03-3330-3992
住所:東京都杉並区高円寺北3-22-8 大一市場内

mapボタン

関連記事



関連記事

  • の情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

女子旅に人気!ダナンで泊まりたいオールスパインクルーシブのリゾート

気楽な旅スタイルが定評

女子旅に人気!ダナンで泊まりたいオールスパインクルーシブのリゾート
気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店

1人旅の食事におすすめ!

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店
マレーシアの歴史を世界遺産で追う

東洋と西洋の融合!多民族国家マレーシア

マレーシアの歴史を世界遺産で追う
チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開

古都を巡る男旅!

チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開
シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!

最旬ショップエリアへ

シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu